株式会社オーシャンブリッジ

ニュース&掲載記事

HOME  >  ニュース&掲載記事  >   プレスリリース   >   オーシャンブリッジ、二つのAutoCAD図面やPDFの「ビフォーアフター」(変更箇所)を 視覚的に確認できるビューワソフト「Brava! Desktop 1.2」をリリース

Press Release

2006年03月22日
株式会社オーシャンブリッジ

オーシャンブリッジ、二つのAutoCAD図面やPDFの「ビフォーアフター」(変更箇所)を 視覚的に確認できるビューワソフト「Brava! Desktop 1.2」をリリース
〜特に建設業界における建築図面のチェック作業を大幅に効率化可能〜

 海外製ソフトウェアをベースとした事業開発を専門とする株式会社オーシャンブリッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高山知朗)は、AutoCAD等の各種CAD図面ファイルや、TIFF等の各種画像、Adobe PDFに対応したビューワソフト「Brava! Desktop」(ブラバ!デスクトップ/米国 Informative Graphics社製)の最新バージョン「Brava! Desktop 1.2」を、本日リリースいたしました。この最新バージョンでは、二つのCAD図面、PDF、画像ファイルを重ねて表示し、変更箇所を視覚的に確認できる「ファイル比較機能」などの新機能が追加されました。Webサイトhttp://www.bravaviewer.jp/から無料で体験版をダウンロードすることができます。
 このBrava! Desktopの「ファイル比較機能」を使えば、設計図面や広告・パンフレット原稿(PDF)などに対する変更指示が正しく反映されているかを確認するための、チェック・校正作業を大幅に効率化できます。またそれだけではなく、建築図面や重要文書の意図しない改ざんのチェックにも有効に活用できます。特に建設業界では、昨今の耐震強度偽装問題や建物不正改造問題などの影響もあり、建築図面のチェックの重要性が高まっています。そうした市場ニーズに対応する画期的なソフトウェアとなります。

■ 背景
  従来、設計図面の変更内容の確認は、紙に印刷した二つの図面を目視でチェックするのが一般的でした。広告原稿などの校正作業も同様で、ともに非常に労力を要する作業でした。また、これまでもCAD図面やPDFのファイル比較機能を有したソフトウェアはありましたが、非常に高価だったり、使い勝手がよくなかったりしたために、それほど普及はしておらず、結局、紙に印刷して目視で確認するという作業は変わりませんでした。

■ Brava! Desktopの価値
 Brava! Desktopは、PCユーザなら誰でも簡単に使いこなせる使い勝手のよいビューワソフトです。今回追加されたファイル比較機能は、二つのCAD図面、PDF、画像ファイルを重ねて表示し、変更されていない箇所は目立たないグレーで表示し、変更箇所については、変更前を赤、変更後を緑で色を付けて表示します。そして、あたかも二枚の紙を重ねて、一枚目をめくったり戻したりしながら変更箇所を確認するのと同じように、画面上に用意されたつまみを左右に動かすことで、変更前と後のイメージをダイナミックに切り替えて確認することができます。このように直感的で分かりやすい操作性により、視覚的に変更箇所の「ビフォーアフター」が確認できますので、従来非常に手間のかかったチェック・校正作業が大幅に効率化できます。

 また今回は、このファイル比較機能だけではなく、「表示ファイルのPDF変換機能」や、「キーワード指定による機密情報のマスキング機能」も追加されています。PDF変換機能を利用すると、表示したCAD図面や画像などをそのままPDFに変換することができます。またマスキング機能を利用すれば、個人情報や企業情報、新製品名称などの機密情報を自動的にマスキング(秘匿)して、閲覧期限や印刷制限などのセキュリティを埋め込んだ独自のCSF(Content Sealed Format)形式に変換し、社外の取引先に安全に配布することが可能です。

■ 今後の展開
 オーシャンブリッジでは、昨年11月から大手建設業の設計部門を中心にテストマーケティングを行ってきましたが、特にファイル比較機能には大きな市場ニーズがあることを実感しています。今後、建設業界を皮切りに、製造業の設計部門や調達部門、広告関連業界などに、Brava! Desktopを拡販していく予定です。

■ Brava! Desktopの「ファイル比較機能」の画面イメージ

■  Brava! Desktopの特長

●AutoCAD、TIFF、PDF等に対応した軽快ビューワ
・AutoCAD DWG/DXF/DWFや、TIFF等の画像、PDF、CSFファイルに対応
・CADソフトが無くても、図面を正確かつ軽快に、表示・計測・印刷可能

・距離・面積計測機能、レイヤー選択表示、各種拡大・縮小などの多機能

●CADソフトを持たないユーザにも安全に図面を配布
・表示ファイルは全て、圧縮・暗号化された「CSF」(Content Sealed Format)ファイルに変換可能。CSFは無料の「Brava! Reader」で表示・印刷可能\n・CADファイルは、CSF変換後も正確に表示・印刷可能(線幅等)
・CSFファイルには、閲覧可能期限の設定、印刷・テキストコピーの禁止などのセキュリティ設定が可能(Visual Rights技術)。

●機密箇所のマスキングや、コメントなどの朱書き(マークアップ)も可能\n・ファイルの機密箇所をマスキングしてCSFに変換すれば、安全に配布可能

・マークアップ機能で注記やコメントなどを書き込むことが可能

●2つのファイルを比較して変更箇所を確認可能

・2つの図面や画像を重ねて表示し、差異部分に色を付けて表示することが可能

■ 対応ファイル形式
AutoCAD DWG/DXF/DWFをはじめとする各種CADファイルや、TIFFをはじめとする各種画像ファイル、Adobe PDFファイル、CSFファイル等。
(詳しくはhttp://www.bravaviewer.jp/formats_desktop.htm)

■ 動作環境
Windows 2000 / XP / 2003

■ 価格

Brava! Desktop ビューワ限定版  

34,650円  

(6,930円)

Brava! Desktop マークアップ対応版  

51,450円  

(10,290円)

Brava! Desktop CAD非対応・ビューワ限定版  

28,350円  

(5,670円)

Brava! Desktop CAD非対応・マークアップ対応版  

45,150円  

(9,030円)

(価格は税込み。括弧内は次年度以降保守サポート料。初年度保守サポート料は無償。)

「Brava Desktop」について

Brava Desktopは、CAD図面、TIFF、画像、PDF、Officeなどの様々な形式のファイルを、専用のアプリケーションなしに表示・印刷・マークアップ・マスキングできる高速・多機能ビューアソフトです。表示したファイルを別形式に変換したり、2つのファイルを重ねて比較表示したりといった機能を備えています。また、表示した図面の長さや面積を画面上で計測したり、複数レイヤーの表示を切り替えたりなど、図面を扱った作業に広く利用されています。

「Brava Desktop」製品ページはこちら

「Brava Desktop」製品ページ

株式会社オーシャンブリッジについて

オーシャンブリッジは、「つかえるITを、世界から。」をミッションとして、日本でまだ紹介されていない海外製ソフトウェアの発掘と、日本における事業開発・マーケティング・販売・技術サポートを行っています。先進的・効率的なマーケティング手法を取り入れ、パートナーシップを組んでいる50社超の国内大手ITベンダーを通じ、大手企業を中心とする15,600社の顧客に対して、幅広く事業を展開しています。

主な取り扱い製品:Web画面共有ツール「Surfly」、リモートコントロールツール「ISL Online」、高速・多機能ビューア「Brava」、データ圧縮ソフト「NXPowerLite」等。

Webサイト: https://www.oceanbridge.jp/
オーシャンブリッジマガジンオンライン: https://media.oceanbridge.jp/
企業Twitterアカウント: http://twitter.com/OceanBridge_Inc
企業Facebookページ: http://www.facebook.com/oceanbridge

お問い合わせ先

【本件に関する報道関係からのお問い合わせ先】
株式会社オーシャンブリッジ マーケティング部
TEL03-6809-0957
Emailmktg@oceanbridge.jp
【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社オーシャンブリッジ 営業部
TEL03-6809-0967
Emailsales@oceanbridge.jp

以上

(本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です)


PAGETOP