株式会社オーシャンブリッジ

ニュース&掲載記事

HOME  >  ニュース&掲載記事  >   プレスリリース   >   オーシャンブリッジ、リモートコントロールツール「ISL Online」の iPhone/iPad専用アプリを提供開始

Press Release

2011年09月01日
株式会社オーシャンブリッジ

オーシャンブリッジ、リモートコントロールツール「ISL Online」の iPhone/iPad専用アプリを提供開始
〜端末台数無制限、PC利用時も同じライセンスが使えるコスト削減ソリューション〜

 海外製ソフトウェアをベースとした事業開発を専門とする株式会社オーシャンブリッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高山知朗、以下オーシャンブリッジ)は、リモートコントロールツール「ISL Online (アイエスエル・オンライン)」のiPhone/iPad専用アプリケーションを、9月14日より提供を開始します。*

 現在、iPhone/iPadのビジネス利用が大企業から中小企業まで幅広く進んでいます。同時にiPhone/iPadから社内のPCやサーバーにアクセスしたいというニーズも高まっていますが、専用のシステムや接続環境の構築が必要となり、「コスト面の課題から導入に着手できない」「導入部門を一部に制限せざるを得ない」といった企業もまだ多い状況です。

 今回ISL OnlineがiPhone/iPadに対応したことにより、上記課題を解消し、iPhone/iPadから社内環境へのアクセスが可能になります。

 ISL Onlineを使うことで、インターネット越しに社外のiPhone/iPadから社内にあるPCにセキュアに接続し、コントロールすることが可能になります。ISL Onlineはインターネット通信の際にSSL-AES256bitの暗号化技術を採用しているため、VPNや専用線などの高価な環境を整えなくとも、セキュアな接続環境を迅速かつ低コストで利用可能です。低コストで既存のリソースを利用可能なため、iPhone/iPadの利用部門を制限することなく、どの部門でも導入可能で、在宅勤務(テレワーク)環境も迅速に構築可能です。

 また、同じライセンスでPC同士のリモート操作も可能なほか、PCサポートやWeb会議、遠隔デモンストレーション、チャットサポートなど、幅広い用途に利用可能なため、安価に導入でき、かつ費用対効果をあげやすいツールです。

 ISL Onlineの主な機能は、インターネットを経由して遠隔地にあるPCやサーバーの画面を見て操作する「リモートコントロール機能」です。常駐型とワンタイム型の2種類の接続方法が選択可能で、常駐型による在宅勤務やサーバメンテナンス、ワンタイム型によるPCサポートなど、1つのライセンスで用途に合わせた異なる利用が可能です。ファイアウォール等のネットワーク設定は一切不要のため、すぐに使用することができます。

 なお、ISL Onlineは同時セッション単位でのライセンスのため、クライアントライセンスは一切不要です。コントロール対象端末はもちろん、オペレータ端末の台数にも制限がないため、大幅なコスト削減が可能です。

■ISL Onlineの利用シーン
・外出先から社内PCへのアクセス
・在宅勤務(テレワーク) 
・支社やデータセンターなど離れた拠点にあるPCやサーバーのメンテナンス
・お客様サポートや社内ヘルプデスクなどのPCサポート
・遠隔デモンストレーション 等

■ISL Onlineの主な機能

- デスクトップ画面共有
- キーボード&マウス操作
- Ctrl+Alt+Delの送信
- 画面カラー数変更
- セッション再接続
- セッション履歴
- オペレータID作成
- SSL AES-256の暗号化による通信

■iPhone/iPad 「ISL Online」画面イメージ
画面イメージ  画面イメージ  画面イメージ

ISL Onlineアプリ立ち上げ画面  ISL Online情報ページ画面    リモート操作時画面

■動作環境
iPhone 4、iPad(1、2) *iPod touchはサポートしておりません。
iOS Ver 4 以降

■「ISL Online」SaaS/ASPライセンス価格

ISL Online SaaS/ASP 年間契約基本ライセンス             119,000円(税別)
ISL Online SaaS/ASP 年間契約追加ライセンス             89,000円(税別)
ISL Online SaaS/ASPプリペイドクーポン(500分)            29,000円(税別)

iPhone/iPad専用アプリケーションのインストールは無料です。
価格・ライセンス体系の詳細はこちらをご参照ください。
http://www.islonline.jp/license/

「ISL Online」について

ISL Onlineは、離れた場所のPC同士で画面共有を行う「ワンタイム接続」、遠隔地にあるサーバーや出先でiPhone/iPadなどから社内のPCに接続可能な「常駐接続」、Web会議機能を1つのライセンスで利用できる簡単・低価格のリモートコントロールツールです。セキュリティポリシーに合わせてオンプレミスライセンス、クラウドライセンスの2つのライセンスを選択することができます。現在、遠隔地のサーバーメンテナンス、お客様への製品サポートといった様々な用途で、大手企業から官公庁まで幅広い分野で国内1,000社以上に利用されています。

リモートコントロール ツール「ISL Online」製品ページはこちら

リモートコントロール ツール「ISL Online」製品ページ

株式会社オーシャンブリッジについて

オーシャンブリッジは、「つかえるITを、世界から。」をミッションとして、日本でまだ紹介されていない海外製ソフトウェアの発掘と、日本における事業開発・マーケティング・販売・技術サポートを行っています。先進的・効率的なマーケティング手法を取り入れ、パートナーシップを組んでいる50社超の国内大手ITベンダーを通じ、大手企業を中心とする15,600社の顧客に対して、幅広く事業を展開しています。

主な取り扱い製品:Web画面共有ツール「Surfly」、リモートコントロールツール「ISL Online」、高速・多機能ビューア「Brava」、データ圧縮ソフト「NXPowerLite」等。

Webサイト: http://www.oceanbridge.jp/
オーシャンブリッジマガジンオンライン: https://media.oceanbridge.jp/
企業Twitterアカウント: http://twitter.com/OceanBridge_Inc
企業Facebookページ: http://www.facebook.com/oceanbridge

お問い合わせ先

【本件に関する報道関係からのお問い合わせ先】
株式会社オーシャンブリッジ マーケティング部
TEL03-6809-0957
Emailmktg@oceanbridge.jp
【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社オーシャンブリッジ 営業部
TEL03-6809-0967
Emailsales@oceanbridge.jp

以上

(本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です)


PAGETOP