株式会社オーシャンブリッジ

ニュース&掲載記事

HOME  >  ニュース&掲載記事  >   プレスリリース   >   オーシャンブリッジ、1ライセンスで10台のPCが参加可能な Web会議機能「ISL Groop」のオンプレミス版を提供開始

Press Release

2012年10月16日
株式会社オーシャンブリッジ

オーシャンブリッジ、1ライセンスで10台のPCが参加可能な Web会議機能「ISL Groop」のオンプレミス版を提供開始
〜ヘルプデスクやリモートアクセス機能と同ライセンスで利用可能〜

 株式会社オーシャンブリッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高山知朗、以下オーシャンブリッジ)は、リモートコントロールツール「ISL Online (アイエスエル・オンライン)」のWeb会議機能最新版「ISL Groop 2.4.2 (アイエスエル・グループ)」(オンプレミスライセンス版)を、本日より提供を開始しました。

 2012年5月よりクラウドライセンス版の提供を開始した「ISL Groop」ですが、今回の最新版でオンプレミスライセンス版にも対応しました。これにより、これまでオンプレミス環境で「ISL Online」のヘルプデスクやリモートアクセス機能をご利用いただいていたユーザー様も、同ライセンスでWeb会議機能をご利用いただけます。(「ISL Groop」は、10拠点間の会議室をたった1ライセンスでつなぐことが可能です。)

■「ISL Groop (オンプレミスライセンス)」最新版画面イメージ
 画面イメージ   画面イメージ

■「ISL Online」ライセンス価格

  ISL Online クラウド年間基本ライセンス 
119,000円(税別)  

  ISL Online オンプレミス基本ライセンス 
600,000円(税別)  

  ISL Online オンプレミスエンタープライズライセンス 
2,500,000円(税別)  

  ISL Online オンプレミスコーポレートライセンス 
5,000,000円(税別)  

「ISL Online」について

ISL Onlineは、離れた場所のPC同士で画面共有を行う「ワンタイム接続」、遠隔地にあるサーバーや出先でiPhone/iPadなどから社内のPCに接続可能な「常駐接続」、Web会議機能を1つのライセンスで利用できる簡単・低価格のリモートコントロールツールです。セキュリティポリシーに合わせてオンプレミスライセンス、クラウドライセンスの2つのライセンスを選択することができます。現在、遠隔地のサーバーメンテナンス、お客様への製品サポートといった様々な用途で、大手企業から官公庁まで幅広い分野で国内1,000社以上に利用されています。

リモートコントロール ツール「ISL Online」製品ページはこちら

リモートコントロール ツール「ISL Online」製品ページ

株式会社オーシャンブリッジについて

オーシャンブリッジは、「つかえるITを、世界から。」をミッションとして、日本でまだ紹介されていない海外製ソフトウェアの発掘と、日本における事業開発・マーケティング・販売・技術サポートを行っています。先進的・効率的なマーケティング手法を取り入れ、パートナーシップを組んでいる50社超の国内大手ITベンダーを通じ、大手企業を中心とする15,600社の顧客に対して、幅広く事業を展開しています。

主な取り扱い製品:Web画面共有ツール「Surfly」、リモートコントロールツール「ISL Online」、高速・多機能ビューア「Brava」、データ圧縮ソフト「NXPowerLite」等。

Webサイト: https://www.oceanbridge.jp/
オーシャンブリッジマガジンオンライン: https://media.oceanbridge.jp/
企業Twitterアカウント: https://twitter.com/OceanBridge_Inc
企業Facebookページ: https://www.facebook.com/oceanbridge

お問い合わせ先

【本件に関する報道関係からのお問い合わせ先】
株式会社オーシャンブリッジ マーケティング部
Emailmktg@oceanbridge.jp
【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社オーシャンブリッジ 営業部
Emailsales@oceanbridge.jp

以上

(本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です)


PAGETOP