株式会社オーシャンブリッジ

ニュース&掲載記事

HOME  >  ニュース&掲載記事  >   プレスリリース   >   オーシャンブリッジ、ファイルサーバーをWebポータル化する文書共有ソリューション「Blazon for FileServer」の最新版をリリース

Press Release

2015年09月28日
株式会社オーシャンブリッジ

オーシャンブリッジ、ファイルサーバーをWebポータル化する文書共有ソリューション「Blazon for FileServer」の最新版をリリース

 株式会社オーシャンブリッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:持木隆介、以下オーシャンブリッジ)は、企業内のファイルサーバーに保存されている各種文書・図面・画像ファイルを、フォルダ構造をそのままWebポータルへ変換する文書共有ソリューションの最新版「Blazon 7.3 for FileServer」(ブレイゾン 7.3 フォー ファイルサーバー)を本日リリースし、販売を開始しました。

■「Blazon 7.3 for FileServer」新機能/強化点

◇「ファイル内検索」機能に関する機能強化
 変換後データ表示中に、ファイル内検索を実行した際、ヒットした箇所の一覧を表示できるようになりました。

◇ファイル/フォルダ単位での制限
 ファイル/フォルダ単位での印刷、ダウンロード、テキストコピー可否等を制御できるようになりました。

◇ファイル変換処理速度の向上
 ファイル変換処理時に公開パスのバックアップを取得する仕様を変更したことで、ファイル変換処理速度が向上しました。

◇ドキュメントポータルキット
 ドキュメントポータルキットをリリースしました。(オプション製品)

◇アクセスログ集計オプション
 アクセスログ集計オプションが使用できるようになりました。(オプション製品)

「Blazon for FileServer」について

 Blazon for FileServerは、ファイルサーバーに保存されたファイルを、フォルダツリー構造を含めてそのままWebコンテンツを作成するソリューションです。Webポータルを構築する際、指定フォルダ内のファイルをすべて事前変換するため、ポータル上でファイル名をクリックした際、非常に高速に表示できます。オリジナルファイルではなく、表示専用に変換されたデータを閲覧するため、不要なコピーや印刷、またはダウンロードなどを防ぎ、情報漏えい抑止になります。社内でポータルをご利用になる場合に最適の製品です。

「Blazon for FileServer」製品ページ

「Blazon for FileServer」製品ページはこちら

株式会社オーシャンブリッジについて

オーシャンブリッジは、「つかえるITを、世界から。」をミッションとして、日本でまだ紹介されていない海外製ソフトウェアの発掘と、日本における事業開発・マーケティング・販売・技術サポートを行っています。先進的・効率的なマーケティング手法を取り入れ、パートナーシップを組んでいる50社超の国内大手ITベンダーを通じ、大手企業を中心とする15,600社の顧客に対して、幅広く事業を展開しています。

主な取り扱い製品:Web画面共有ツール「Surfly」、リモートコントロールツール「ISL Online」、高速・多機能ビューア「Brava」、データ圧縮ソフト「NXPowerLite」等。

Webサイト: https://www.oceanbridge.jp/
オーシャンブリッジマガジンオンライン: https://media.oceanbridge.jp/
企業Twitterアカウント: https://twitter.com/OceanBridge_Inc
企業Facebookページ: https://www.facebook.com/oceanbridge

お問い合わせ先

【本件に関する報道関係からのお問い合わせ先】
株式会社オーシャンブリッジ マーケティング部
TEL03-6809-0967
Emailmktg@oceanbridge.jp
【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社オーシャンブリッジ 営業部
TEL03-6809-0967
Emailsales@oceanbridge.jp

以上

(本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です)


PAGETOP