2009年07月25日

武蔵野カメラ粋人会議に参加。宇宙ステーション、点を撮る、驚愕フリックなど。

一昨日の晩、武蔵野カメラ粋人会議(Musashino Camera Swee-to会議、略してMCS会議)に参加しました。

この会議のきっかけは、先月開催された吉川さんを囲む会。その時に南さんshioさんとカメラの話で盛り上がり、「では改めてshioさんの研究室訪問を兼ねて集まりましょう!」ということで実現した会です。

南さんもshioさんも、カメラ好きでブロガー(レベルは違いますが、一応僕も)。ということで、ネタフルのコグレさん(やはりカメラ好きでブロガー)や、underfloさん(やはりカメラ好きの、僕のTwitter/Flickr友だち)もお誘いしました。

吉祥寺駅に集合し、まずはshioさんオススメのラーメン屋、旅人の木へ。


塩ラーメンをいただいたんですが、トッピングの岩のりとスープがマッチしてうまい!


お腹がいっぱいになったところで、shioさんの勤務先、成蹊大学を訪問。shioさんの案内で学内見学です。

いきなりビックリしたのが宇宙ステーションみたいな図書館。


なんですかこの近未来・・・。


この丸いところはミーティングルームになってるみたいです。


あ、カメラにアピールしてる学生が・・・。


何となく上海のSFチックな高層ビル群を思い出しました・・・。でも見た目だけでなく、設備もホント近代的でビックリ。ガラス張りの個室もあり、夏休みの時期の夜なのに、学生さんがたくさん勉強していました。こんなすばらしい図書館なら勉強する気になるかも!?


その後、shio教授の研究室へ。

入り口のドアにはいきなり「人生アドリブ」の手ぬぐいが。shioゼミ生(=shioっ子)からの記念品だそうです。ステキ!


そして研究室の中は・・・


ビンテージカメラ屋さん?


・・・ではないんですが、カメラの腕はプロ級のshioさんだけに、カメラがたくさん棚に並んでいました(プロ級というか、実際に写真のお仕事もされているプロなんですけどね)。

そんなshioさんのすごい写真を拝見しながら、おいしいコーヒーをいただきました。


こちら↓の手前は、Mac雑誌の表紙を飾った、shioさん撮影のSteve Jobsの写真。


そして話題は、みんなが持参したカメラに。それぞれ持ってきたカメラを交換して、品評したりお互いを撮影し合ったりと、まさに「武蔵野カメラ粋人会議」です!














ひとしきり盛り上がった後は、吉祥寺駅前のハモニカ横丁に移動。ハモニカキッチンのオープンテラスでの飲み会です!


徐々に話題はカメラだけでなくiPhoneへも拡大。今回の参加者8人のうち、実に7人がiPhoneユーザ。みんな、飲んだり話したりしながらも、いつの間にかiPhoneからTwitterでつぶやいてます。(笑)

shioさんが実行している、手ぶれしない写真を撮るためのiPhoneのホールド方法、名付けてshioホールドは、ぜひモノにすべきテクニック。


あと、コグレさんもブログで詳しく紹介されている、shioさん流の構図の考え方。これは参考になりました。人を撮るときも、食べ物を撮るときも、いつも構図には悩んで試行錯誤だったんですが、この三分割の交点の考え方、そして、最も伝えたい点を撮るという考え方は、非常に勉強になりました。ということで早速実践。

おいしそうな泡を、左上に。


かわいい眼を、右上に。


冷たそうな氷を、右上に。


仕事の電話を受けながらもしっかりカメラに目線をくれたshioさんを、左上に。(笑)


バターとガーリックが香ってきそうなホタテを、左上に。


うーん、まだまだ精進が必要ですね。

そしてもう一つ勉強になったのが、Twitterでも話題となった、コグレさんのiPhoneフリック入力両手打ち。実際に目の前で見て、その圧倒的な速さと迷いのないスムースさにビックリしました。

こちらがその様子。南さんがiPhoneで撮ったコグレさんの動画です。

僕はこれまで片手打ちだったんですが、今、コグレさんのアドバイスに従って、右の親指をメインで使い、左の親指を濁点等の左下ボタンに集中させるやり方でトレーニング中。詳しくは、コグレさんがまとめて下さっているこちらのエントリをどうぞ。

ということで、いろいろ楽しく、いろいろ勉強になり、いろいろ刺激的な夜でした。

僕は南さんとはお会いするのが3回目、shioさんとは2回目、コグレさんとも2回目、underfloさんとは何と初めて。でも、普段からTwitterでやり取りしているため、もう長年の友人のような不思議な感覚でした。

駅で別れた後の帰り道でも、参加メンバー間でTwitterでメッセージがやり取りされ、その余韻を楽しみました。そしてやはりTwitter上で、次回の開催地が中野に決定。

次回も本当に楽しみです!
みなさんありがとうございました!

■参加メンバーのTwitter

@digitalbear(南さん)
@shiology(shioさん)
@kogure(コグレさん)
@underflo(underfloさん)
@yatty_kame(山下さん)
@teruyoshi(吉田君)
@yuki_yuki_(うちの奥さん)
@nori_taka(僕)

■参加メンバーのブログ

B-log Cabin TP(南さん)
shiology(shioさん)
[N]ネタフル(コグレさん)
 −[N] 成蹊大学で宇宙船みたいな情報図書館を見学した!
 −[N] 滋味深いスープが細麺に絡む「旅人の木」(吉祥寺)
 −[N] Shioカメラマンに聞いた写真撮影で気をつけるべきたった一つのポイント
 −[N] iPhone秘奥義“両手フリック”入力!

■参加メンバーのFlickrセット

武蔵野カメラ粋人会 - a set on Flickr(南さん)
090723 武蔵野カメラ粋人会 - a set on Flickr(shioさん)
武蔵野カメラ粋人会(20090723) - a set on Flickr(コグレさん)
20090723 武蔵野カメラ粋人会議 - a set on Flickr(僕)

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

(↑闘病記ブログランキングへのリンクです)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

〈ブログに書かれていないがん闘病のポイントと、時系列で読みやすく再構成された闘病記を、コンパクトな一冊に〉

プロフィール

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校→早稲田大学 政経学部→アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ→Web関連ベンチャー→(株)オーシャンブリッジ設立・代表取締役社長就任→現在、同社ファウンダー。横浜市綱島在住。趣味はおりがみ。2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)摘出手術を受けて成功、ただ視野の左下1/4を失う。2013年5月からは7ヶ月間入院して悪性リンパ腫・急性リンパ性白血病の抗がん剤治療を受ける。帯状疱疹後神経痛も発症。2016年10月に2つのがんから卒業(それぞれ5年、3年経過)。しかし2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、さい帯血移植治療を受け、いまも闘病中です。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※最近、メールやFacebook等で個別にご連絡やご相談をいただくことが以前よりも増えております。私の時間と体調の許す限りはご返事差し上げていますが、全てのご連絡にご返事できるとは限りませんことをご了承ください。

※また、病気や病院に関するご質問をいただく際には、事前に私の著書「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご質問いただけると助かります。最近いただく質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます

主なカテゴリー

過去の記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ