2014年06月13日

今日はオーシャンブリッジ13周年の創立記念日。平穏な一日。

今日、2014年6月13日は、オーシャンブリッジの13周年の創立記念日でした。

3年前の今日、2011年6月13日、10周年の創立記念日は、僕の頭に脳腫瘍が見つかった日でした。

▼脳腫瘍が見付かるまで(経緯1)

そしてその翌日、横浜市内の脳神経外科の病院に行き、検査をしてもらいました。検査の後、MRIの画像を見た先生から言われました。「腫瘍がありますね」

さすがに驚きました。

そしてこの日は、オーシャンブリッジの10周年の設立記念日でした。

さすがにお祝いどころではありませんでした。

2年前の今日、2012年6月13日、11周年の創立記念日は、平穏な日でした。こんなことをブログに書いていました。

▼治るという前提で脳腫瘍になった〜病気発見からの一年間に起こった幸運と、病気の意味

一年前、10周年の設立記念日のちょうどその日に病気が見つかってから、いろいろな幸運に助けられて、今の自分があります。今日はその幸運と病気の意味について書いてみたいと思います。
もしタイムマシンで、数年前、つまり病気になる前にさかのぼって、脳腫瘍になる人生とならない人生を選べるとしても、僕は脳腫瘍になる人生を選びます。ここに書いたように、それによってしか得られなかったものがたくさんあるからです。

昨年の今日、2013年6月13日、12周年の創立記念日は、白血病・悪性リンパ腫の治療のために虎の門病院に入院していました。5月13日の入院からちょうど1ヶ月でした。

▼退院しました(その2)僕の病気について〜白血病 / 悪性リンパ腫

最初に、国立がん研究センター中央病院でこの病気だと診断された時、僕が医師に最初に聞いた質問は、「5年生存率はどのくらいでしょうか?」というものでした。答えは「標準治療が確立されており、40%程度です」というものでした。

▼虎の門病院の血液内科に入院:白血病・悪性リンパ腫闘病記(6)

2013年5月13日(月)に、僕は虎の門病院の血液内科に入院しました。

入院当日の朝、保育園に行く娘に、「パパは病院に行ってくるね。パパもがんばるから、パパがいない間、◯◯もがんばってね」と言ったら、気丈にも「うん」と頷いていました。

それから玄関でギュッと抱きしめてから、保育園に送り出してあげました。

この日も当然、お祝いどころではありませんでした。

そして今年、2014年6月13日、13周年の創立記念日は、久しぶりにオーシャンブリッジのオフィスに行ってきました。

急遽退職することになったスタッフとのランチや、社長の持木君たちとのミーティングなどをしてきました。

いつものように、会社のみんなには、お菓子を持っていきました。僕が療養に専念できているのも、会社のみんなのお陰です。せめてものお疲れさまの気持ちです。

横浜のお菓子、「ありあけハーバー」は、スタッフ(特に女性スタッフ。笑)に喜んでもらえたようです。こちらの営業部のブログをどうぞ。

▼お菓子たくさんもらいました!|オーシャンブリッジの営業活動日記

今日は会長の高山が出社し、持木と打ち合わせをしたりしていました。最近、高山が来るときはいつもお菓子を持ってきてくれるんですよ。ホントにありがたいです。もちろん、社員にも大人気。いつもお菓子はすぐになくなります。

えーーっと、今日のお菓子はなにかな・・・。
大きな手提げ袋から箱を取り出したEさん、「あ、よこはまハーバーだ!」。
「あ!CMやってるやつだ!」などあちこちから声が。

今日はオフィスではお祝いのイベントはなく、来週、会社のみんなでシュラスコを食べに行く予定です。僕も久しぶりに参加する予定です。

来年の創立記念日も、再来年も、その先もずっと、今日のように平穏な一日を送りたいと思います。

あ、家内と娘が家に帰ってきました。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ