株式会社オーシャンブリッジ

ニュース&掲載記事

HOME  >  ニュース&掲載記事  >   プレスリリース   >   オーシャンブリッジとアクセラテクノロジがマニュアル・規定集・通達文書の公開に特化した「eAccela Net-It 業務文書公開サーバ」を製品化

Press Release

2004年01月29日
株式会社オーシャンブリッジ

オーシャンブリッジとアクセラテクノロジがマニュアル・規定集・通達文書の公開に特化した「eAccela Net-It 業務文書公開サーバ」を製品化
全社規模での利用を想定し、高性能セキュア検索とコンテンツ自動公開機能を統合した国内初の製品

株式会社オーシャンブリッジ (本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:高山 知朗) と アクセラテクノロジ株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:進藤 達也)は、マニュアル・規定集・通達文書といった、業務文書の公開に特化した「eAccela Net-It 業務文書公開サーバ」 を共同開発し、本日より販売を開始します。全社規模での文書公開業務に特化し、アクセス権によるセキュリティ情報を扱いながら、低コストで高性能な公開/検索サーバとして国内で初めて製品化しました。

今回のソリューションは、オーシャンブリッジが国内において430社以上の導入実績があるWeb文書公開ソフトウェアの最新版 「Net-It Central 6.2」 と、同じく国内において500社以上の導入実績があるアクセラテクノロジの企業向け高性能検索エンジンの最新版 「eAccela BizSearch V2.1」の連携により可能となりました。「eAccela Net-It 業務文書公開サーバ」は、両社の販売パートナーおよびインテグレーションパートナーを通じて販売いたします。

■製品が実現するソリューション
企業活動を円滑に進めると同時に、活動そのものの質を向上させるために「マニュアル」「規定集」「通達」等の整備・浸透は欠かせません。しかしながら、業務拡大あるいは取り扱い商品数の増加によりそれらの数は膨大な量になり、従来のような印刷物による運用ではコスト及び時間がかかることが問題でした。また、社内情報共有のIT化の進んだ企業では、全社的イントラネットを通してこれらの業務文書を電子的に公開することも行われているものの、実際の公開にあたっては、文書数・閲覧件数ともに大量であるため、コンテンツマネジメントシステム(CMS)等の大規模なシステムが必要であることや、あるいはHTMLやPDF等のWeb公開用のデータ形式に文書を変換するという煩雑な作業が必要であることから、導入コストも運用コストもかかり、なかなか進まないのが実情でした。
日本市場で多数のユーザにソフトウェアを提供してきたオーシャンブリッジとアクセラテクノロジは、手軽に文書の公開ができるNet-It Centralと、高速・高性能な検索のできるeAccela BizSearchのノウハウを結集して 「業務文書の公開」に特化した製品を開発し、お客様に低価格で提供することによって、上記のような課題を解決しました。

■「eAccela Net-It 業務文書公開サーバ」の適用分野

・就労規則・人事規定など従業員向けの規定集や、日々配信される通達文書の社内公開 (人事・総務部発信)
・社内システムのユーザーマニュアルの社内公開 (コンピュータシステム管理部門発信)
・コンプライアンス・監査に関わる通達文書の社内公開(コンプライアンス部門発信)
・複雑化する金融商品に関わる約款の社内・代理店向け公開(商品企画部門発信)
・新製品・新サービスに関わる営業向け資料の社内公開(マーケティング部門発信)
・製造業のサービスマン向け整備マニュアルの公開(サービス・保守部門発信)

■「eAccela Net-It 業務文書公開サーバ」の製品特徴

eAccela Net-It 業務文書公開サーバ」は、人事・総務、システム部門、監査・コンプライアンス部門などの社内の情報を全社規模で公開、共有するのに最適な業務アプリケーションです。本製品の特徴は以下の通りです。

・低コスト運用: 各部門の業務担当者が簡単な操作でオフィス文書を直接公開できるため、従来必要とされた専任の運用担当者やHTML編集ソフト等によるデータ変換作業を必要とせず、容易な運用管理を低コストで実現します。

・多様な文書ファイルへの高速かつ容易なアクセス: ユーザはWebブラウザで、Microsoft Officeを始めとするあらゆるデータ形式の業務文書ファイルの高速な閲覧が可能です。閲覧のために特別なソフトを購入してインストールする必要もないため、全社規模の導入も短期かつ低コストで実現します。またページ数が多く容量の大きなマニュアル等の文書でも、ページ毎に分割・圧縮されて公開され、表示されるため、ネットワーク環境に関わらず常に高速・快適な表示を実現します。

・高性能かつ高精度な検索: 10万ページ規模のドキュメントを0.1秒以下で検索可能な高速性により、全社規模の情報公開やインターネット上の情報公開など多数のユーザが同時アクセスする高トラフィックな運用に対応可能です。また、企業ごとに独自の命名規則を持つ製品型名や組織略称等の業務に欠かせない記号数値を厳密に、漏れなく検索します。

・ビジュアル検索機能: 検索結果として、それぞれのドキュメントの先頭ページをサムネイルとして一覧表示する機能を搭載。ビジュアルな結果表示により直感的で素早い検索を実現します。

・万全のセキュリティ対策: アクセスコントロールによりセキュアな検索と公開を実現します。

・低価格: クライアント数に依存しない価格体系で、導入コストをおさえます。インターネット公開向けでもクライアント数無制限で1000万円を切る低価格。

  社内公開エディション  720万円 (初年度保守料無償、クライアント数無制限)
  インターネット公開エディション 900万円 (初年度保守料無償、クライアント数無制限)

対応OS: 「公開サーバ」としてWindows、Linux、Solarisに対応しています。また、別途、システム運用のための「文書変換サーバ」としてWindowsサーバが必要となります。

■「Net-It Central 6.2」について:
Net-It Central 6.2(開発元:米Informative Graphics Corp.)は、様々な文書データやCAD図面データを、簡単な操作でイントラネットやエクストラネットのWebサイト上に公開、共有し、一般的なWebブラウザ環境で高速に表示することができる、Web文書・図面公開システムです。更に、Webブラウザ上で表示した文書や図面に対し、注釈や変更指示を書き込んで(マークアップ)、メンバー間で共有することもできます。製造業(日本電気、東芝、日立製作所、富士ゼロックス、宝酒造等)、建設業(鹿島建設、竹中工務店、大林組等)、金融機関(住友生命、常陽銀行等)、情報通信・IT(NTT東日本、大塚商会等)、流通・外食(ファミリーマート、パルコ等)、電力・ガス(関西電力等)など、幅広い業界の先進企業430社以上にて導入されています。

■「eAccela BizSearch V2.1」について:
eAccela BizSearchは、新世代のeビジネスシステム構築に不可欠な高度情報活用プラットフォームとして開発されました。業界トップレベルの超高性能と高精度、信頼性に加え、最先端の日本語解析技術と25分野の専門用語辞書連携により、Eコマースサイトの電子カタログ構築、カスタマーサービス部門のオペレータ支援、FAQのセルフサービスサイト、研究部門の膨大な資料検索など、最先端業務を強固に支援し、お客様のビジネスを加速します。現在500社以上にて導入されています。

「Net-It Central」製品ページはこちら

「Net-It Central」製品ページ

株式会社オーシャンブリッジについて

オーシャンブリッジは、「つかえるITを、世界から。」をミッションとして、日本でまだ紹介されていない海外製ソフトウェアの発掘と、日本における事業開発・マーケティング・販売・技術サポートを行っています。先進的・効率的なマーケティング手法を取り入れ、パートナーシップを組んでいる50社超の国内大手ITベンダーを通じ、大手企業を中心とする15,600社の顧客に対して、幅広く事業を展開しています。

主な取り扱い製品:Web画面共有ツール「Surfly」、リモートコントロールツール「ISL Online」、高速・多機能ビューア「Brava」、データ圧縮ソフト「NXPowerLite」等。

Webサイト: https://www.oceanbridge.jp/
オーシャンブリッジマガジンオンライン: https://media.oceanbridge.jp/
企業Twitterアカウント: https://twitter.com/OceanBridge_Inc
企業Facebookページ: https://www.facebook.com/oceanbridge

お問い合わせ先

【本件に関する報道関係からのお問い合わせ先】
株式会社オーシャンブリッジ マーケティング部
TEL03-6809-0967
Emailmktg@oceanbridge.jp
【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社オーシャンブリッジ 営業部
TEL03-6809-0967
Emailsales@oceanbridge.jp

以上

(本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です)


PAGETOP