株式会社オーシャンブリッジ

ニュース&掲載記事

HOME  >  ニュース&掲載記事  >   プレスリリース   >   大和ハウス工業がオーシャンブリッジの「Net-It Central」を採用し、住宅履歴情報の図面閲覧に活用

Press Release

2012年02月02日
株式会社オーシャンブリッジ

大和ハウス工業がオーシャンブリッジの「Net-It Central」を採用し、住宅履歴情報の図面閲覧に活用
〜お客様へのスピーディかつスムーズなアフターサービスに貢献〜

 海外製ソフトウェアをベースとした事業開発を専門とする株式会社オーシャンブリッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高山知朗、以下オーシャンブリッジ)は、当社の高速・多機能ビューア「Brava(ブラバ)」を搭載した文書・図面共有システム「Net-It Central(ネットイット・セントラル)」が大和ハウス工業株式会社(本社:大阪府大阪市北区、代表取締役社長:大野直竹、以下大和ハウス工業)に採用され、活用されていることを発表しました。

 大和ハウス工業では、戸建住宅・賃貸住宅を建設されたお客様のアフターサービスにスムーズに対応できるようにするため、邸別の履歴管理を行っています。以前は、デジタル化された資料と紙資料を併用していましたが、大量の図面を保管するスペースの確保や管理面などで手間がかかっていたため、より使い勝手の良い履歴管理システムの構築を検討されていました。
 そこで、当社ではその改善のために、高速ファイルビューア「Brava」を搭載している「Net-It Central」を大和ハウス工業に提案、大和ハウス工業側は、「使い勝手が優れている」、「運用管理の負荷が軽い」、「安全かつ安定的に大量の図面データを閲覧できる」といった点で、「Net-It Central」を2009年4月に採用されました。

 大和ハウス工業では「Net-It Central」の採用により、戸建住宅・賃貸住宅の履歴情報を一元化でき、全国の事業所で簡単に検索・閲覧できるようになりました。また、導入に際し、データ検索のしやすさやスピードに加え、図面データを閲覧する際の使い勝手に優れ、軽快に動作するビューアである「Brava」を選択しました。

 現在、このシステムは、大和ハウス工業の全事業所で延べ11,000人以上が利用しており、図面データを「Net-It Central」で変換し、Webブラウザ上で動作する「Brava」ビューアを利用して閲覧しています。図面データを手軽に閲覧できるようになった結果、お客様からの問い合わせへの対応はもちろん、メンテナンスやリフォームの提案なども迅速に対応できるようになっています。また、東日本大震災の際にも、保証書や関連する資料がシステムで管理されていたことで、お客様へスピーディかつスムーズな対応ができました。

【大和ハウス工業株式会社 Net-It Central導入事例】
 URL : https://www.oceanbridge.jp/netit/case/case18.html (Net-It Centralサイト)

【大和ハウス工業株式会社 Brava導入事例】
 URL : http://www.bravaviewer.jp/casestudy/daiwahouse.html (Bravaサイト)

【大和ハウス工業株式会社について】
 「建築の工業化」を企業理念に1955年創業。半世紀以上にわたり住宅・賃貸住宅・分譲マンション・商業施設・一般建築物を提供し、幅広い事業を展開してきた住宅業界のリーディングカンパニー。現在、「ア(安全・安心)・ス(スピード)・フ(福祉)・カ(環境)・ケ(健康)・ツ(通信)・ノ(農業)」をキーワードに、新たな事業分野へと進出するとともに、次世代型の住宅「スマートハウス」を開発・販売している。海外では新たな不動産開発なども手がけている。
 創業100周年を迎える2055年までに10兆円の企業群を目指すべく、「人・街・暮らしの価値共創グループ」として、国内市場のみならずグローバルマーケットを見据えた事業の拡充へと積極的にチャレンジしている。 資本金は1,101億2,048万3,981円、従業員数13,482名 (2011年4月1日現在)。

「Net-It Central」/「Brava」について

 Net-It Centralは、国内導入実績570社750サーバ以上を誇るセキュアで高速なファイルビューアBravaを搭載した文書・図面共有システムです。さまざまな文書(Microsoft Word、Excel、PowerPoint、Adobe PDF等)やCAD図面(AutoCAD等)、画像(TIFF等)のファイルをファイルサーバにドラッグ&ドロップするだけで、簡単に社内イントラネットのWebサイトに公開できるシステムです。既存のファイルサーバの内容をそのまま反映してWebサイトを構築するため、システム導入作業に大きな手間をかける必要がなく、低コストでの導入が可能です。
 Webサイト上の文書は、ブラウザでの表示に特化した独自形式(CDLデータ)になっており、文書フォーマットに対応したアプリケーションがなくても、Webブラウザだけでさまざまな文書が高速に表示されます。専用の高速ファイルビューア「Brava」により、ブラウザ上で高速にファイルを閲覧することが可能です。また、CDLデータに変換された文書は、検索エンジンと組み合わせることにより、検索キーワードにヒットした箇所をページ単位で取り出し可能になる他、「閲覧はできるが、印刷・持ち出しは禁止」というような柔軟なアクセス制限を実現します。

「Net-It Central」製品ページはこちら

「Brava」製品シリーズページはこちら

株式会社オーシャンブリッジについて

オーシャンブリッジは、「つかえるITを、世界から。」をミッションとして、日本でまだ紹介されていない海外製ソフトウェアの発掘と、日本における事業開発・マーケティング・販売・技術サポートを行っています。先進的・効率的なマーケティング手法を取り入れ、パートナーシップを組んでいる50社超の国内大手ITベンダーを通じ、大手企業を中心とする15,600社の顧客に対して、幅広く事業を展開しています。

主な取り扱い製品:Web画面共有ツール「Surfly」、リモートコントロールツール「ISL Online」、高速・多機能ビューア「Brava」、データ圧縮ソフト「NXPowerLite」等。

Webサイト: https://www.oceanbridge.jp/
オーシャンブリッジマガジンオンライン: https://media.oceanbridge.jp/
企業Twitterアカウント: https://twitter.com/OceanBridge_Inc
企業Facebookページ: https://www.facebook.com/oceanbridge

お問い合わせ先

【本件に関する報道関係からのお問い合わせ先】
株式会社オーシャンブリッジ マーケティング部
Emailmktg@oceanbridge.jp
【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社オーシャンブリッジ 営業部
Emailsales@oceanbridge.jp

以上

(本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です)


PAGETOP