病気(脳腫瘍・グリオーマ)(272件の記事)

2013年01月19日
医療の最前線に入り込むiPad mini/病気の情報はネットで探すな
2012年11月22日
今までで一番多くのブログ読者さんにお会いした日
2012年11月14日
いつか来る死と、生への執着〜死生観に関するがん患者二人の往復書簡
2012年11月07日
再発チェックのMRI検査は怖い?病気に対するスタンスの取り方
2012年10月29日
「ブログ、続けてくださいね」「再発しないことを祈ってます」
2012年10月09日
手術後初の海外出張でイギリスに行ってきました
2012年09月26日
カクカク動く頭蓋骨/予期せぬ出会いと再会
2012年09月13日
脳腫瘍(グリオーマ)治療費の実際(入院・手術・放射線・抗がん剤)
2012年09月04日
「ツレがうつになりまして。」を読んで、改めて病気の意味を考える。
2012年08月30日
脳腫瘍摘出手術後の海外出張で気をつけるべきこと/MRI検査の結果
2012年08月24日
体調面で気になることをSNSでつぶやくと、主治医の先生がコメントをくださる時代
2012年08月20日
医療マンガ「K2」に登場したグリオーマ(神経膠腫)のオープンMRI手術、ついに完結
2012年08月15日
夏休みで宮崎へ/開頭手術後初の飛行機搭乗
2012年08月05日
この夏はまだ冷房を入れていない
2012年08月01日
娘とともに初めての帰省/取り壊される母校の校舎
2012年07月31日
最後の抗がん剤点滴
2012年07月27日
医療マンガ「K2」に登場したグリオーマ(神経膠腫)のオープンMRI手術、腫瘍の摘出が進む
2012年07月11日
医療マンガ「K2」にグリオーマ(神経膠腫)のオープンMRI手術が登場
2012年07月10日
病気からの「完全復活」とは?/無理と無茶の間
2012年07月09日
快気祝い@東京アメリカンクラブで、気分は新入社員時代に逆戻り
2012年07月06日
病院で、全国のブログ読者さんたちとたくさんの初対面
2012年07月04日
手術からちょうど一年が経過/免疫力と風邪と再発リスク
2012年06月13日
治るという前提で脳腫瘍になった〜病気発見からの一年間に起こった幸運と、病気の意味
2012年06月11日
ドキドキするMRI検査の結果/ブログ読者さんとの出会い
2012年06月09日
主治医の女子医大 村垣先生にプレゼン/手術戦略デスクに感激
2012年06月01日
東京女子医科大学のグリオーマ(悪性脳腫瘍)5年生存率は、なぜ平均の3倍以上なのか?
2012年05月23日
社内ソーシャルネットワーク「Zyncro」のメディア掲載記事と社会復帰感
2012年05月16日
病院のにおいに回復を実感する
2012年05月14日
展示会でのたくさんの再会に思うこと
2012年04月26日
快気祝いのサプライズケーキ、もうひとつ。
2012年04月24日
ブログで過去の自分を振り返り、今の自分を戒める
2012年04月22日
快気祝いでサプライズケーキとメッセージに涙
2012年04月15日
女子医大 村垣先生と自分をつなぐ、オランダ経由の不思議なご縁
2012年04月10日
脳腫瘍闘病記?体験記?
2012年04月05日
帽子が取れた:がん治療による脱毛とその後の発毛の時期について
2012年03月26日
プロブロガー本出版記念オフ会で、体験を共有することの価値を実感
2012年03月18日
娘の二歳の誕生日で僕の目標もカウントダウン
2012年03月14日
久しぶりのMRI検査は再発もなく問題なし
2012年03月03日
頭痛と気圧と脳腫瘍と視覚障害の関係
2012年02月28日
脳腫瘍摘出手術後の視覚障害の実際(視野障害・半側空間無視)
2012年02月24日
ソーシャルネットワークで病院での診察時間が短縮した話 #miil
2012年02月16日
病院で知った、他の脳腫瘍患者さんへのブログの影響度
2012年02月13日
手術中に開頭した患者と会話をしながら脳腫瘍を切除する覚醒下手術
2012年01月25日
ブログが他の患者さんの役に立ったことを実感(近況報告)
2012年01月21日
日経新聞に東京女子医大 村垣善浩教授の脳腫瘍手術に関する取り組みが掲載(僕の主治医)
2012年01月13日
脳腫瘍の放射線治療と抗がん剤治療の実際(経緯19)
2012年01月06日
日経コンピュータ「業務を変えるコンシューマーIT」にZyncroと女子医大が登場。
2011年12月28日
【高山とオーシャンブリッジスタッフ一同より】今年も一年間、ありがとうございました。
2011年12月28日
病理検査の結果/脳腫瘍と付き合う心構え/MRI画像で見る穴の空いた脳(経緯18)
2011年12月23日
退院後初めてのMRI検査の結果と、ブログの影響(近況報告)
< 1  2  3  4  5  6

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う。2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。2016年10月に脳腫瘍、悪性リンパ腫の2つのがんから卒業。同年、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ