病気(急性骨髄性白血病)(175件の記事)

2017年03月30日
連載インタビュー「2度のがんを乗り越えたIT起業家」(ITpro)全5回が完結?
2017年03月29日
久しぶりの腰椎穿刺や発熱、血小板輸血
2017年03月28日
赤血球の輸血の効果をリハビリで実感
2017年03月27日
思いがけない千羽鶴に涙
2017年03月24日
「たとえがんでも、生き延びる可能性を上げられる――IT経営者のがんとの戦い方」リクルートライフスタイルにインタビュー記事が掲載されました
2017年03月23日
歯科の診察で気になっていた銀歯を外してもらってすっきり
2017年03月23日
アメリカのメンターからの励ましがバルセロナの大逆転劇とつながった
2017年03月22日
大きな不安をブレイクダウンして対処可能な課題に/担当医から治療に関する2回目の説明
2017年03月22日
移植コーディネーターの存在価値の大きさ/臍帯血に命名「のりこちゃん」
2017年03月21日
「2度のがんを乗り越えたIT起業家 - 40歳で経験した脳腫瘍、Excelの数字さえ見づらく 」日経BP社 ITproにインタビュー記事が掲載
2017年03月20日
穏やかな連休で気持ちも落ち着く
2017年03月17日
言葉にパワーが溢れる70代の臍帯血移植患者、Yさんとの出会い
2017年03月17日
リハビリ2回目。自分の体にいろいろな発見
2017年03月16日
入院中の履き物に衛生的なクロックスを持って来た
2017年03月16日
病室のベッドをソファに変える便利アイテムを見つけた
2017年03月15日
娘が7歳の誕生日を迎え、僕の人生の目標達成まであと13年
2017年03月14日
初めてのリハビリと、移植治療における重要性
2017年03月14日
ブログを通じて入院患者同士がつながって励まし合う、しかも同じ病院で同じ時期に
2017年03月13日
周囲の支えのありがたさ
2017年03月13日
外泊時の家族でのお出かけが一番のリハビリ
2017年03月10日
自分がさい帯血移植の何に怯えているのかをスライドで整理してみた
2017年03月09日
誰もが無理だと言った奇跡の大逆転に勇気付けられた
2017年03月08日
闘病記を読む患者の気持ち
2017年03月07日
初めての外泊で娘がくれたお守り
2017年03月03日
急性骨髄性白血病で入院しました
< 1  2  3  4

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う。2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。2016年10月に脳腫瘍、悪性リンパ腫の2つのがんから卒業。同年、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ