リュブリャナのフォトレポート続き。

先ほど、急いでいたため中途半端にエントリをアップしてしまいましたが、続きです。
スロベニアの首都、リュブリャナに到着後、ホテルを経てXLABのオフィスに連れて行ってもらいました。
その後、車+徒歩で市内を散策。



そして最近できたケーブルカーに乗ってリュブリャナ城に。

リュブリャナ城の塔に登ったら、リュブリャナの街が一望できました。

ついでに気球も見えました。



XLABの社長、Jureとも記念撮影。

その後再び階段で塔を下り、街に下ります。

その後、市内のおしゃれなレストランにてディナー。

ディナーにはXLABのMarkoも合流。

ここまでが到着初日。基本的には移動日です。
で、翌日、XLABでのビジネス初日。
9時から一通りお互いのビジネスの概況や現在の課題などについて情報交換&ディスカッションした後、11時から、東京のオーシャンブリッジメンバーも含めてテレビ会議。XLABの最新ソリューション(パブリックベータの段階ですが)であるISL Groopを使っての会議です。

やはり顔を見ながらお互いに議論できるのは有効ということで、改めてXLABのISLソリューションスイートの有効性を体感した次第。
その後、オフィス近くのレストランにランチに。

ランチの後も一通りミーティングをこなした後、夕方から車を飛ばして、ヨーロッパ最大の鍾乳洞であるポストイナ鍾乳洞に連れて行ってもらいました。
自然の驚異ということでは、グランドキャニオンやナイアガラ等に行ったときにも驚きましたが、このポストイナ鍾乳洞のすごさ、信じられなさは、また違うものがありました。




とても自然が作ったものとは思えません・・・。
動物の内臓のような、エイリアンのような、ガウディのような・・・。
でも内臓に関しては、自然が生み出した造形という意味では同じですし、エイリアンのギーガーもサグラダファミリアのガウディも、逆にそうした自然の造形から着想を得たようにも思いますし・・・。
どちらにしても、このようなものがものすごい時間を掛けて自然に生み出されていることに、非常に驚き、感銘を受けました。
驚いた後には再度トロッコ電車?で入り口に戻ります。


その後みんなでディナーに。エンジニアの責任者、Damjanの家の近所のオススメのレストランに。

左がMarko、右がDamjan。

左が社長のJure、右がMarko。
最後に、みんなで集合写真。

さて、ここまで書きましたが、夜も遅いので、残りはまた明日以降ということで。

「リュブリャナのフォトレポート続き。」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。