サマーウォーズを見て、自分との共通点に感情移入。

先日のシルバーウィークの連休中に、映画「サマーウォーズ」を観てきました。
以前から、Twitter仲間の間で非常に評判が高く(特に@DOMINOMARUさんは何と3回も観たとのこと!)、またオーシャンブリッジスタッフ(まゆこりん等)も大絶賛していたため、期待して行ってきました。
見終わっての感想は・・・予想以上にいい映画でした!
長野の田舎、昔ながらの大家族を舞台に、サイバー世界での戦いに挑み、親族一同みんなで力を合わせて勝利を収めるというストーリー。
観ていて、僕自身といろいろと共通点もあって、思いのほか感情移入してしまいました。


例えば、こんな共通点が。
●僕の出身が長野県(サマーウォーズの舞台は上田、僕は伊那出身)
●毎年夏休みになると、長野の僕の実家に、東京から従兄弟たちが泊まりに来て、
 みんなで大騒ぎして遊んでいた
●高山家は女系家族
●僕の祖母が春に亡くなった
●サマーウォーズの栄おばあさんの誕生日(8月1日)が、僕の家族と同じ
この共通点はさておいたとしても、純粋に映画として非常に良くできている、ステキな映画でした。
老若男女を問わずオススメできる映画ですね。
ちなみに・・・ここ最近、映画館で観た映画は、このサマーウォーズ、WALL・E、崖の上のポニョと、全てアニメ作品。家ではWOWOWやスカパー!で録画した洋画・邦画を良く観ていますが、わざわざ劇場に足を運ぼう!と思う映画は、なぜかアニメばかりになっています。アニメ映画の質がどんどん上がっているということですよね。すばらしいことだと思います。
●高山のTwitterはこちら→ Noriaki Takayama (nori_taka) on Twitter