2011年06月07日

Zyncro Tech社を初訪問、初日のミーティングが終了。

今回のヨーロッパ出張の大きな目的の一つが、先月、業務提携と日本でのサービス開始を発表したばかりのZyncro Tech社の訪問。

本日(というか日が変わったので昨日)、そのZyncro Tech社を訪問してきました。

実は同社への訪問は今回が初めて。CEOのLuisに会ったのも、業務提携発表のために彼が先月来日したときが初めて。これまで、業務提携の提案や、契約条件の詰め、そして署名した契約書のやり取りを含め、全てメールとSkypeで進めて来たので、正式発表時に初めてお互いに顔を合わせることとなりました。

初めて訪問したZyncroのオフィスは、バルセロナのビジネス街から路地を入ったところにある、しゃれたデザインビルにありました。


こちらはZyncroチームの面々。


オフィスには、ところどころにオーシャンブリッジロゴのステッカーが。


Zyncroロゴの右下にも。


こちらはエグゼクティブチームとのミーティングの様子。左端がCTOのAlbert、その右側がCEOのLuisです。


こちらはプロダクトマネージャーのAgustin。


ランチには、ファウンダー(創業者)のDidacが連れて行ってくれました。右端がDidacです。台湾系スペイン人のシリアルアントレプレナーです。


今回はZyncro社へのおみやげとして、先月のブロガーミーティングに参加くださったブロガーのみなさんの著書を、日本から持参しました。 @kogure さん、@masakiishitani さん、 @mehori さんの、Twitter、Evernote、iPhone、ライフハック等に関する本です。


これだけの本を出版される方々が参加してくれていたことに、改めてLuisもAlbertも感激を新たにしていました。

今日のミーティングでは、先月のサービス開始後の日本市場の状況(メディア・ブログ掲載記事、ユーザー増加状況、有償版利用ユーザー様の状況、大規模導入の商談状況など)や、今後のプロダクトロードマップ、新機能の詳細、他サービスとの連携計画、スマートフォン用ネイティブアプリの開発計画、日本のお客様からの要望、ヨーロッパの企業でのAPIによるシステム連携事例等について、共有・議論しました。

特に新機能の話や、他サービスとの連携、そしてAPIによる連携・拡張については、かなりおもしろい話が聞けました。Zyncro社は、非常にスピーディに新機能を追加し、新サービスとの連携を発表していくというスタンスであり、そこが競争力の源泉であるとの認識に立っています。オーシャンブリッジとしてもしっかり体制を作って、タイムリーにリリースしていく必要があると再認識しました。

さて、Zyncroでのミーティングは、あと明日(というか本日)一日のみ。昨日のミーティングで議論しきれずに持ち越しとなったテーマもありますので、限られた時間の中で、もれなくテーマを押さえて議論してきたいと思います。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う。2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。2016年10月に脳腫瘍、悪性リンパ腫の2つのがんから卒業。同年、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ