2014年06月13日

抗がん剤で減った白血球と、迫り来る副作用:白血病・悪性リンパ腫闘病記(22)

前回の闘病記からの続きです。

◼︎2013年5月31日(金)。入院19日目。抗がん剤治療開始から11日目。

この日から、デキサート(ステロイド剤)の点滴がスタート。この日から4日間の予定。

加えて、抗がん剤のオンコビンの注射が午後にありました。今回のコースで2回目です。前回同様、今回も、首から入れている点滴のライン(CV、中心静脈カテーテル)から注射しました。

この日も朝から熱があったのですが、MY先生曰く、前日の血液検査の結果では問題ないのでは、とのこと。またステロイド剤の点滴でも下がる可能性があるとのこと。

実際、発熱については、MY先生が言った通り、ステロイド剤の点滴のお陰か、午後には平熱の36.5度に下がりました。

この日は日中、CTとレントゲンもありましたが、そちらも無事終了。

MY先生は、注射で入れた抗がん剤のオンコビンについて、

オンコビンは、副作用として便秘を起こしやすく、ひどくなると腸閉塞を起こすこともあるので、下剤などを使いながら注意してくださいね。

とのこと。このときは、それまでほとんど便秘の経験がなかったため、あまりピンときていませんでした。

この頃はまだ副作用もそれほどはきつくなく、隣の病棟の屋上にある遊歩場まで歩いて行って、足腰が弱らないようにとスクワットをしたり、ベッドの上で腹筋や腕立てをしたりしてがんばる余裕がありました。

でもその後、副作用で大変辛い思いをすることになります。

また、この頃から抗がん剤の影響で白血球の数も減ってきました。この日の時点で700(標準値は3400以上)。感染症には要注意なレベルに入ってきました。

◼︎2013年6月1日(土)。入院20日目。抗がん剤治療開始から12日目。

この日は副作用のせいか朝から眠く、午後まで寝て過ごしていました。さらに、オンコビンの副作用か、お腹が下し気味になっていました。

午後には友人のMさんが、おいしそうなパンを差し入れに持ってお見舞いに来てくれました。Mさんの独立起業の話、カメラの話などで盛り上がり、楽しい時間を過ごせました。

その後、家内と娘がお見舞いに来てくれました。ところが、看護師のMさんから、「高山さんは今、白血球が減っていて、感染しやすくなっています。小さいお子さんはいろいろな細菌やウイルスを持っているので、申し訳ないのですがお見舞いはご遠慮いただけますか?」と言われ、やむなく帰っていきました。

娘は、僕と遊ぼうと思って持ってきた本とシールを僕に託し、「シール、本に貼ってもいいからね」と言って、2人で一枚だけシールを貼ってから、寂しそうに帰っていきました。

その後、わざわざまた看護師のMさんが来て、「先ほどの娘さんの件、改めてすみませんでした。前もってお伝えしておくべきでした」と言ってくれました。そのため、「逆に言っていただいて助かりました。ここ一週間は白血球が下がるみたいなので、娘はお見舞いに来ないようにします、とお伝えしました。わざわざ気にかけてくださってありがたいと思いました。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う。2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。2016年10月に脳腫瘍、悪性リンパ腫の2つのがんから卒業。同年、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ