2016年10月11日

PET検査の結果、がんから卒業し、がん患者から元がん患者になりました

先ほど虎の門病院に行ってきました。GY先生の診察で、先週受けたPET-CT検査の結果を聞いてきました。

PET-CT検査の結果

結果は、問題なしでした!

画像診断センターの検査報告書にはこうあります。

仙骨部を含め、悪性リンパ腫の再燃を疑うような異常集積像を認めません。

仙骨部というのは、僕のリンパ腫の腫瘍(原発巣)があった部分です。背骨の一番下のお尻の骨です。その仙骨部を含めて、全身どこにも再発(再燃)はありません、ということです。

僕の病気、B細胞性リンパ芽球性リンパ腫/急性リンパ性白血病は、3年以内での再発が多く、3年無事に経過すれば、つまり再発なく寛解を維持できれば、その後の再発の可能性は非常に低い、つまり治ったとみなせると言われていました。

脳腫瘍を含め一般のがんでは「5年が区切り」と言われますが、それがこの病気では「3年」となります。

僕の場合は、来月下旬で寛解から丸三年となります。その節目まで、維持療法を続け、それからPET検査を受けようと思っていました。でも先日の診察で、維持療法は終了することにしました。

こうして治療を全て終えたことを受け、先週、全身のPET-CT検査を受けました。その結果、今日、再発なしとの診断となりました。

「寛解から丸三年」まではあとひと月ちょっとありますが、GY先生いわく、「その三年をいつからカウントするかも、明確に決まっているわけではありませんからね」とのこと。

確かに、寛解が確認されたのは、2013年11月のPET検査でしたが、その検査で寛解が確認されたということは、それ以前のいずれかの段階ですでに寛解になっていたはずです。

ですから、想定していたよりも一足早いですが、今日の検査結果をもって、「白血病・悪性リンパ腫は治った」と区切りをつけることにします。

これで、今年の7月に手術から丸五年が経過したグリオーマ(脳腫瘍)を含めて、がんからは完全に卒業です。「がん患者」から「元がん患者」になりました。

これまでお世話になったみなさま、ご心配いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

まだ何となく実感が湧きませんが、とにかく、がんから卒業です。


「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\

治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ


(幻冬舎/税込1,188円/全国の書店にて発売中)

  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

(↑闘病記ブログランキングへのリンクです)

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)
女子医大 村垣教授・虎の門病院 谷口部長推薦

プロフィール

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校→早稲田大学 政経学部→アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ→Web関連ベンチャー→(株)オーシャンブリッジ設立・代表取締役社長就任→現在、同社ファウンダー。横浜市綱島在住。趣味はおりがみ。2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)摘出手術を受けました。2013年5月から7ヶ月間入院して白血病・悪性リンパ腫の抗がん剤治療を受けました。帯状疱疹後神経痛も。2016年10月にがんから卒業しました。

詳しいプロフィール(コーポレートサイトへ)

メール: nori.tkym[at]gmail.com

最近の記事

過去の記事

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のコメント

※2015/06/09以降のコメントはFacebook経由で投稿されています。下記欄には表示されません。各記事ページでご覧いただけます。

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ