40度超の急な高熱で退院が延期に

前回の記事で、

そして最終的に、明日水曜日の血液検査でもクレアチニンが低いままだったら、無事に金曜日に退院、となります。

点滴復活


今日がその水曜日ですが、クレアチニンどころの騒ぎではなくなってしまいました。
昨日の昼間から高めだった熱が、夜には38度弱まで上昇。
そして今朝の6:30頃には39.6度、そして40.1度に上昇。看護師さんが担当医の湯浅先生に電話で対応の指示を仰ぎました。
そして何本も血液検査の採血をして(血液培養検査含む)、右腕に点滴用のチューブを入れ、抗生剤の点滴を打ちました。CVカテーテルが抜けてせっかく点滴とおさらばしたのに、また点滴棒生活です。。。
そして湯浅先生が来てくれました。

恐らく感染症の熱なので、血液検査の結果を見ながら点滴で抗生剤を使って抑えていきましょう。

まあそういうことですよね。。。
そして。

あ、退院は延期です。

がーん。予想してたことですが・・・涙。
先週末の外泊の時、娘に、

パパ、金曜日に帰って来るからね。

と約束してしまったのです。それに対して娘は、

どうして金曜日なの?もっと早くならないの?

と言っていたくらいですから、延期となると・・・娘の泣き声が聞こえるようです(涙)。
そして湯浅先生は、

まあ、よくあることです。退院後に高熱が出るより病院にいるうちでよかったですよ。

それは確かに全くその通り。
とにかく今は、感染症を治し、安心して家に帰れる身体にすることを最優先するのみです。
その先に退院があり、娘と妻との平穏な生活があります。
これまでもっと辛い状況をたくさん乗り越えて来たわけですから、しばらくの辛抱です。
p.s. 今日お見舞いに来てくれる予定だったMさんとHさん、当日のキャンセルで申し訳ありませんでした。