2017年07月12日

退院日が改めて決定、さい帯血移植からちょうど3ヶ月目

先週の7月7日金曜日に退院予定だったのが、予想外の感染症による40度を超える高熱で、延期になっていました。

虎の門病院13階北のデイルーム

▼40度超の急な高熱で退院が延期に|オーシャンブリッジ高山のブログ

▼退院延期に対する娘の驚くべき反応|オーシャンブリッジ高山のブログ

その後、高熱の原因を特定するために、多数の血液検査(血液培養検査含む)を実施しました。そしてその結果が出る前に平行して、湯淺先生の方で、直近の内服薬の変更履歴等から原因の当たりをつけて、新しい抗ウイルス剤の点滴を、発熱の翌日、6日木曜日から開始してもらいました。

「この点滴で、熱は週末には落ち着くのではないでしょうか」と先生。

するとその予言通り、8日土曜日には熱は平熱の36.7度に。結局その後出た血液検査の結果で検出されたウイルスが、先生が当たりをつけたウイルスそのものだったため、先生が選択した抗ウイルス剤がドンピシャで効いたわけです。

これを受けて、「11日火曜日には点滴のラインを抜いて点滴をやめ、しばらく様子を見てから、7月14日金曜日に退院しましょう」ということになりました。ちょうど一週間、退院が遅れたことになりますね。

ちなみにさい帯血移植を受けたのが4月14日ですので、ちょうど移植から3ヶ月での退院となります。

一般的には移植から2〜3ヶ月で退院と言われているので、平均的な入院期間と言えるかもしれません。

でも僕の場合、白血病細胞の病理検査の結果、いくつか予後不良因子が見つかっており、その関係もあり、退院は8月が目標、と治療開始前に先生から言われていました。そのため、自分の予想よりはかなり早い退院となります。治療が予想以上に順調に進んだということですね。

とにかく、今度こそは、何事もなく退院したいと思います。

  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

(↑闘病記ブログランキングへのリンクです)

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)
女子医大 村垣教授・虎の門病院 谷口部長推薦

プロフィール

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校→早稲田大学 政経学部→アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ→Web関連ベンチャー→(株)オーシャンブリッジ設立・代表取締役社長就任→現在、同社ファウンダー。横浜市綱島在住。趣味はおりがみ。2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)摘出手術を受けました。2013年5月から7ヶ月間入院して急性リンパ性白血病の抗がん剤治療を受けました。帯状疱疹後神経痛も。2016年10月にがんから卒業しました。2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病の闘病に入りました。

メール: nori.tkym[at]gmail.com

最近の記事

過去の記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

※2015/06/09以降のコメントはFacebook経由で投稿されています。下記欄には表示されません。各記事ページでご覧いただけます。

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ