2005年05月13日

EU GatewaytoJapanのレセプションパーティにて、ワインを飲みつつビジネスの夢を語り合う。

eugw02.jpg昨日は、EU GatewaytoJapanのレセプションパーティに参加して来ました。

「EU Gateway to Japan」と言うのは、欧州委員会(European Commission)により実施されているプログラム。優れた製品を持ちながらも、単独ではなかなか日本市場に参入する機会に恵まれないEU加盟15カ国のベンチャーを日本へ紹介する機会を提供しています。

このEU Gateway to Japanに参加されているソフトウェアベンチャーさんが二社、おととい、昨日と、それぞれオーシャンブリッジに来訪。
やはり

日本市場に参入するためのパートナー企業を探しているわけですが、オーシャンブリッジが提携先の候補になるということで、来社して下さいました。

それにしても、それぞれ、非常におもしろいテクノロジーでした!
オーシャンブリッジの新規事業の有力な候補ですねー。
片方はすぐにでも事業化可能。
片方は、もう少し企業内でのアプリケーションや企業にとっての投資対効果を見極める必要があるのですが、でもでも、近い将来、日本でも事業化できそうな予感がします。

で、昨晩は、このEU Gateway to Japanのレセプションパーティがあるということで、ご招待頂いて参加してきました。

eugw05.jpgもちろん、この二社の社長さんたちも参加していて、ワインを飲みながら、ヨーロッパでのこれまでの事業展開や、今後のお互いの進め方などについて、いろいろとディスカッション。

ワインも手伝ってかなーり意気投合したので、みんなで写真をパチリ。

僕が昔住んでいた、オランダのITベンチャーや大使館の方たちもいらっしゃっていて、オランダ話でも結構盛り上がってしまいました。

そうそう、各国の大使館の方やJETROの方たちなども、やはり数多く参加されていましたね。みなさん、日本市場に興味のある自国のベンチャーから、「日本市場ではどういった会社と組んだらいいのか」など、いろいろと相談を受けるとのこと。今後、そう言った日本市場に興味のあるITベンチャーをオーシャンブリッジにご紹介下さるとのことで、楽しみですね。

ということで、今後のオーシャンブリッジの新規事業は、ヨーロッパのITベンチャーの製品が中心になるかも、知れませんよ。

ヨーロッパの会社と取引が始まれば、またオランダを訪問できる機会も増えそうだし、楽しいなー、なーんて思った、楽しい夜でした。

そうそう、今回、いろいろとお世話になった菅野さん、本当にありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします!

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (1)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

投稿者 薫です : 2006年4月15日 05:31

いつも日曜日は寝てばかりしています。

http://movie.bbs69.net

こんな風にいました。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ