2014年10月14日

3ヶ月ぶりの脳のMRI検査の結果

今日は3ヶ月ぶりに東京女子医科大学病院に行ってきました。2年前の脳腫瘍(グリオーマ)手術後の定期検査・診察です。

まずは朝一でMRI検査。例によって、あの工事現場のような轟音の中で、眠ってしまいました(笑)。

検査が終わり次第、脳神経外科の待合へ。思いのほか、大して待たされずに自分の番号が表示され、順番が来ました。

診察は主治医の村垣先生。

まずはMRI画像を見ていただき、「問題ありませんね!」とのことでひと安心。もはや僕は脳腫瘍も白血病・悪性リンパ腫も再発しないと確信しているので(というか、「再発しないと知っている」、という感覚。勝手ですが 笑)、結果を聞くのにドキドキすることももうありません。

ということで、次の話題は、相変わらず痛みに悩まされている帯状疱疹後神経痛について。もちろん先生の専門とは違いますが、現在ペインクリニックから処方されている薬について話したところ、アドバイスくださいました。

痛みのコントロールのために、抗てんかん薬や抗けいれん薬を飲んでいて、あまり効いていないようであれば、他の薬をいろいろ試してみたほうがいいかもしれませんね。それぞれいろいろな薬があり、効き方もみんな違いますから。効いてないと思われる薬は徐々に止めていき、新しい薬を試していく方がいいかもしれません。

もちろん、僕は痛みの専門家ではありませんが、痛みを伝える中枢神経の専門家ではありますから(笑)。ペインクリニックの先生に、いろいろな薬を試してみるよう相談してみてもいいかもしれませんね。

と思いがけずいいアドバイスをいただきました。今度ペインクリニックの診察の時にぜひ相談してみたいと思います。

また、「最近、効けばラッキーという感じで、漢方薬を始めてみました」とお伝えしたところ、「それもいいと思いますよ」、とのこと。

その他、最近先生がお会いしたというジョン・カビラさんの話などの雑談をして、診察終了。

続いて放射線腫瘍科の前林先生の診察です。

前林先生にもMRIの画像を見ていただいたところ、こちらも問題なしとのこと。村垣先生とのダブルチェックで安心です。

その他、以前チェックしていた腫瘍マーカーについての話や、雑談などをして、診察終了。

無事に3ヶ月ぶりの検査と診察が終わりました。

その後、用事があったので、地下鉄で渋谷のオーシャンブリッジ新オフィスに行ってから家に帰りました。

女子医大での3ヶ月に1回の検査と診察は、再発のチェックというより、先生たちとの近況報告の場になりつつありますが、それはそれで大変幸せなことだなあと思いつつ帰ってきました。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。4回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や治療に関するご相談はメールでもSNSでも一切お受けしておりません。仮に質問などをお送りいただいてもご返事できかねます。私もあくまで一患者であり医療関係者ではありませんのでその点ご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ