しばらく入院することになりました。

私事ですが、明日からしばらく入院することになりました。
都内の病院に3ヶ月ほど入院します。
急なことで、私自身が非常に驚いています。
今月初めのヨーロッパ出張からの帰路に、体の異変に気付きました。帰国翌日に病院で検査したところ、病気が見付かりました。


その後、各種検査を経て、明日6/27(月)に入院します。
幸い、僕の幼稚園から高校まで一緒だった幼なじみが、都内の大学病院で医師をしており、彼が検査結果を見て、彼のお兄さんが勤務する別の大学病院を紹介してくれました。彼らの尽力により、最速での入院と治療が可能になりました。彼らには本当に感謝しています。本当に、持つべきものは友だと思いました。
3ヶ月という長い期間、会社を空けることになってしまいますが、実はビジネスについてはあまり心配していません。
Net-It事業・Brava事業は持木常務兼ディビジョンマネージャーが、NXPowerLite事業・ISL Online事業は菅沼ディビジョンマネージャーが統括しており、既に僕の出る幕はほとんどないという体制が実現しています。彼らの元、マネージャーやリーダー、そしてスタッフも、どんどん育って頼もしくなっています。僕が心配するまでもありません。
立ち上げ中のZyncro事業については、僕自身もかなり関わってきましたが、5月の国内サービス開始、今月初めのバルセロナ出張での今後の方向性決め等が一段落した今、菅沼ディビジョンマネージャーが中心となって推進していく体制に移行するには、いいタイミングだと思います。Zyncroプロジェクトにはやる気とスキルを併せ持った精鋭メンバーが集結しています。こちらも心配には及びません。
経営管理面(人事、総務、経理等)は、経営管理部の山下ディビジョンマネージャーに、これまで通り安心して任せています。起業直後からの、もう10年来の付き合いですから、こちらも心配には及びません。
実は、検査を受けて今回の病気が判明した当日は、オーシャンブリッジの10周年の設立記念日でした。
起業から10年経って、優秀なスタッフも増え、若いスタッフもしっかり育っています。だから、今回の入院は、「もっとみんなに仕事を任せなさい。自分は少しビジネスの現場から離れて、自分自身のことや家族のことをもっと考えなさい」というメッセージなのかな、と受け止めています。
アポイントメントのキャンセルや変更をお願いしたみなさま、申し訳ありません。退院後に改めてお会いできればと思います。
7/14(木)の「エンタープライズ・ソーシャル・コラボレーション・セミナー 〜TwitterとDropboxを融合したコラボレーション環境を企業内で実現する『Zyncro』」の講師も変更となります。申し込んでいただいたみなさま、申し訳ありません。ただ、僕のプレゼンよりももっとおもしろくてためになるセッションを準備中です。ぜひご期待ください。
3ヶ月間、しっかり休んで、しっかり治してきたいと思います。
引き続き、オーシャンブリッジをよろしくお願い申し上げます。