2017年03月31日

友人からの寄せ書きに涙/入院患者の意外と忙しい一日

昨日は忙しい1日でした。

友人一同からの寄せ書きに涙

朝から熱があり抗生剤の点滴、そしてインフルエンザの検査、そしてCTとレントゲン。

午後、歯科に呼ばれ、先週型取りをしたマウスピースを受け取り、使い方の説明を受けました。

終わって病室のあるフロアに戻って来たら、長野から上京した母が叔母とお見舞いに来てくれていました。病室で話していると、そこにちょうど娘と家内も間に合って合流。娘にとっては今回の入院で初のお見舞いです。

その後リハビリの時間になったため、娘と家内も一緒にリハビリ室へ。

リバビリが終わって病室のあるフロアに戻って来たら、約束していたコグレさんと山本さんが待合ロビー(デイルーム)で待ってくれていました。お待たせしてスミマセン!

コグレさんと山本さん


お二人は、差し入れに約束通り豪華うなぎ弁当を持って来てくれました!これはうまかった!!特に普段病院食ばかりの身には、うまさが染みます。

高給うなぎ弁当

そしてそして、友人一同からの寄せ書きを持って来てくれました!(冒頭写真)

これにはびっくり。お一人お一人からのメッセージを読んで、思わず涙が出てしまいました。

真ん中の似顔絵も似てますよね。娘も「パパに似てる!」と言ってました。(さすがダイゴマン!)

僕の似顔絵(ダイゴマン画)

みなさんの応援を励みに、必ず病気を乗り越えて、また一緒に美味しいものを食べ、美味しいお酒を飲みたいと思います。

寄せ書きにご協力くださったみなさん(そして個別にご連絡くださったみなさん)、お忙しい中、わざわざ僕のために、本当に本当にありがとうございました。必ずみなさんの元に戻ります。

お二人が帰り、シャワーの予約時間に。浴室前で娘が僕の手を握ってほっぺに当てて、元気パワーをくれました。そこで家族とはお別れ。

シャワー後に病室に戻り、コグレさん、山本さんからいただいたうなぎ弁当を食べていたら、メールが届き、大学時代のサークルの同期とアクセンチュア時代の同期の荒竹兄弟が立て続けにお見舞いに。僕にとっては兄弟ともに別組織での同期という珍しい関係。古くからの友は気を遣わなくてありがたいです。

荒竹兄弟

ということで朝から晩までいろいろと忙しい1日でした。急な検査もたくさん入ってしまったので。

みなさん、入院患者はこのように意外と忙しい日もあるので、「行けば会える」ではなく、必ず事前に連絡して時間調整をしてからお見舞いに行きましょうね。(にも書きましたが)

僕は来週から本格的な治療に入ります。治療に入ればしばらくはお見舞いに来ていただくことは難しそうです。ですからお見舞いはこれで一旦中断となります。

早く元気になって、みなさんとお会いできる程度まで、まずは回復したいと思います。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う。2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。2016年10月に脳腫瘍、悪性リンパ腫の2つのがんから卒業。同年、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ