2006年02月22日

え!? もうできたの?

この間のエントリで書いた、オーシャンブリッジの提携先候補であるU.K.のソフトウェアベンチャー。

当初は、「日本語版のソフトがもうすぐできる」という話だったけど、その後、こちらで契約書のレビューをしているうちに、「日本語版の完成は、2〜3週間ほど遅れそう」という連絡が入った。

ということで、「じゃあその間に、Webサイトを構築し、契約書を詰め、契約書以外のビジネス上の確認事項をお互いにやり取りし、マーケティングプランをまとめ、プレスリリースを用意し、なんてことを進めてしまおう」と高をくくっておりました。

で、つい先ほどやっと契約書のレビューが終わったため、契約書の調整事項の連絡と合わせ、「で、日本語版はまだ開発中?」と投げたところ、

すぐに、「Good Newsだ。明日の午後には完成する見込みだ」との返答が。

げげげ。Good NewsはGood Newsだけど、日本語のWebサイトもできていないのに、リリースできないじゃん。正式な契約書の締結は、多少遅れても何とかなるけど。

ていうか、日本語版Webサイトを作るためのコンテンツのファイル群、送ってくれるって言ってたのに、まだ届いてないんですけど。

あー、だったらWebのコンテンツ、もっと早めにこっちからプッシュしてもらっておくべきだった・・・。

まあ、ぼやきはさて置き、そんなわけで、U.K.発のおもしろい&便利なソフトを、近いうちに皆さまにお披露目できそうです。

どんなソフトかって?

それはまだちょっと秘密、です。

あえて言うと、「PowerPointを使う全ての人に!」という感じでしょうか。
まさに「PowerPointユーザの必須アイテム」ですね。

ということで、正式発表をおたのしみに!
もちろんこのブログでも発表しますよ!

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (1)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

投稿者 大和(やまと) : 2006年2月22日 13:09

はじめまして、私は究極的防災・危機管理としての海外移住(防災移住のすすめ)
http://blog.livedoor.jp/kyuukyoku_bousai/
というサイトの管理人の大和(やまと)と申します。検索で偶然、貴サイトを見ることが出来ました。もしかしたら海外移住や環境問題、地震防災にも、ご関心がお有りかも知れないと思い、コメントさせていただきました。
私のサイトの内容は、世界の地震、火山分布図、原発、伝染病など、あらゆる危機管理に役立つ情報が満載です。ぜひ、ご一読下されば幸いです。

注目記事はコチラでございます。
http://blog.livedoor.jp/kyuukyoku_bousai/archives/50268874.html

貴サイトの益々の発展を願っております。
ありがとうございました。

「この文章は、作成に十分な時間が取れないため、あらかじめ作成済みの文章をペーストしたものです。失礼いたしました。」

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ