2007年09月09日

ちょっと戻ってフェニックス最終日について。

先ほど無事ロンドン市内のホテルに着きました。
良い意味で、古くからあるロンドンのホテルという感じ。

で、早速部屋でブログを書こうかと思ったら、Internet Connectionがありません・・・。
フロントで聞いてみたら、あと1週間後くらいから、Wi-Fiサービスを始めるところ、とのこと。
なんと・・・。

ということで、近所で見付けた無料Wi-Fiサービス付きオーガニックカフェに来て、ブログを書いている次第。

で、ちょっと戻って昨日のフェニックス最終日について。

朝からInformative Graphicsの社長、Garyから、現在および今後の同社の戦略についてプレゼンテーション。

その後、ミーティングルームでのランチを挟んで、僕から、日本におけるビジネス概況、特にパートナー戦略や、プロダクトマーケティング戦略についてプレゼンテーション。

そしてそれらの内容に基づき、今後の日本におけるフォーカスポイントなどについて、みんなでディスカッション。特に今後注力すべき分野について良い示唆が得られて良かった。

続いて、Informative Graphics社から昨年分社したAvlove Softwareの社長、Ronを含めて、現在の同社製品の日本国内での事業展開の状況や、同社に対する要望などについてディスカッション。

で、予定の時間を大幅に超過して、一通りのビジネススケジュールは何とか終了。

それぞれ、非常に実りのあるものでした。

さて、一通り仕事が終わったところで、最後のディナーです。

約束通り、まずはRonの家に移動。

これがまたすごい家。砂漠というか岩山の中腹にある豪邸で、庭には二段式(?)のプールやプールバー、巨岩などがあり、とても個人の家とは思えません。

フェニックスのすごい家。

フェニックスのすごい家。

フェニックスのすごい家。

僕は今回で3回目の訪問だったんですが、いついってもビックリします。テレビや雑誌でも取り上げられる豪邸です。

Ronの奥さま、Dennyとも久々の再会。Ron自慢のワインセラーから繰り出されるすばらしいカリフォルニアワインとDennyの手作りのおつまみで、再会を喜びました。

すごい家のオーナー夫妻と。

フェニックスのすごい家にて。

そしてその後、Ron&Denny行きつけのステーキレストランに。

こちらは僕は二回目。今回も、ビーフ&バッファロー&エルク(ヘラジカ?)のステーキをいただきました。これがまた美味!

フェニックス最後のディナーはステーキ

そしてちょうど翌日がDennyの誕生日ということで、みんなでケーキでお祝い。

Happy Birthday!

最後はフレンドリーな店員さんに写真を撮ってもらいました。

フェニックス最後のディナーはステーキ

このディナーでは、みんなからたくさんおみやげをもらい、本当にうれしかったです。アリゾナのフォーマルな装いで使われるボウタイや、ちょっとしたジョークグッズ、Ronからはいつものようにワイン、Dennyからは手作りのピクルスなど、持ちきれないほど。

このみんなの好意をビジネスでお返ししていかねば、と強く思った夜でした。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ