2009年05月24日

iPhoneのGmailで困っていたら、Twitterで助けられた。

数ヶ月前に会社でGoogle Appsを(一部)導入して以来、本格的にiPhoneで仕事のメールの処理をするようになったのですが、ここ数週間、ちょいと問題が。

で、それがTwitterのお陰で解決したというお話。

iPhoneでは、メールアプリではなく、Safari(標準のWebブラウザ)でGmailを利用していたのですが、それがここ数週間、非常に重くなっていました。駅で電車を待っている間にちょっとメールをチェックしようと思っても、メール一覧画面が表示されず、数十秒から数分も待たされている内に、電車が来てしまう、というような状況。

解決策を探そうとGoogleで検索しても、関連しそうな情報は出てこない。

で、もしやと思って検索してみたのが、Twitter。

まさに電車での移動中に、TwitterFon(iPhone用のTwitterクライアント)で、「iPhone Safari Gmail」で検索したらこちらの「...Clear local Safari storage to resolve Gmail issues...」というつぶやきがヒットした。「おおすばらしい!これぞまさに解決策!」と思って、早速、設定画面からSafariのデータベースを削除してみた。

で、しばらく使ってみたものの・・・やはり症状は解決しない。「うーん、でもこれで困っているのは僕だけではないはず・・・」と思いつつ、再度Twitterで検索。

そしたら今度はこちらのつぶやき「Google Mail on #iPhone still keeps crashing Safari on a regular basis. What gives? New update in the last weeks? #gmail」がヒット。

「そうそう、僕もそうなんだよ」ということで、冒頭に「Me Too」と追記してRetweet(誰かのつぶやきを自分のアカウントで再配信すること)した。

するとしばらくして、このRetweetを見た元の発言者のblacktar氏から返信が。いわく、「After deleting all Safari cookies & cache + rebooting iPhone, #gmail seems much more stable again.」

「おおおお、今度こそ解決策では!?」と思って、早速、設定画面からSafariのCookieとキャッシュを消去してみたら、ビンゴでした!見事解決!SafariでのGmailがサクサク快適に!

Twitterのリアルタイム検索、すばらしいです!

自分でブログを書いていて思いますが、ブログに書くのはある程度、選別され、整形され、形式知化された情報です。書くのには労力が要りますし、その分、情報が選別されます。個人のブログではなくニュースサイト等ではなおさら、です。そしてそれの情報がGoogleで検索可能になるまでには、タイムラグ(サイトによりますが数分から数日でしょうか)が発生します。

Twitterはもっともっとカジュアルで、リアルタイムです。ブログと異なり、ちょっとした気付きや困りごと、役に立つ情報を気軽に発信できます。「Gmail遅いんだけどどうにかならない?」「キャッシュとクッキーをクリアすればいけるみたいだよ」とかいう140文字以内の短いコメントがつぶやかれ、やり取りされ、それがリアルタイムに検索できます。それが今回の問題解決のポイントとなりました。

改めてTwitterの可能性を感じたできごとでした。

ちなみに、解決策を教えてくれたblacktar氏とは、その後、Twitterでお礼のメッセージ等をやり取りし、Twitter(& Flickr)でフォローし合うバーチャルな友人となりました。ブログによると、彼はノルウェー出身ドイツ在住のIT起業家。Twitterでまた海を越えて友だちの輪が広がりました。感謝です。

P.S. このエントリを書くのに、一時間以上かかっています・・・。やはりTwitterの方が気軽です・・・。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。4回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ