2010年07月19日

浦和うまいもの巡り!Bratto(ブラット)→クズザンポ→和浦酒場!

先日、ネタフル@kogureさんに誘って頂いて、聖地・浦和に行って来ました!念願の浦和デビューです!

浦和駅前で待ち合わせ。あの浦和うなこちゃんと初対面!
これが噂の彼女か。。。

うなこちゃんは、「浦和のうなぎ」のPRキャラクター。アンパンマンでおなじみのやなせたかし先生が生み出したんですよ。

このうなこちゃん前で@kogureさん、@TanakaAppleさんと落ち合って、一軒目に移動。

あこがれのBratto(ブラット)です!

●ぐるなび - 炭火串焼ダイニング Bratto

浦和の串焼きbratto(ブラット)

@kogureさんのTwitterやブログで拝見していて、うまそうだなぁ、一度行ってみたいなぁと思っていたお店です。串焼きのお店なんですが、一つ一つの串がちょっと工夫してあって、どれもおいしいのです!
浦和ブラットにて、 @kogure さんと @TanakaApple さんと飲んでいる

一番感動したのは、@kogureさん一押しの、うずらベーコン串。
キターーー!うずらベーコン串!!!

うまいうまいとは聞いていましたが、こんなにうまいとは!

うずらが半熟で、黄身はとろとろ、白身はぷるぷる。そしてその周りを、適度に火が通ったベーコンがぐるっと。口に入れると、この3つの異なる食感がおもしろい!そしてもぐもぐすると、口の中で3つの味が混ざり合って・・・おいしい!!!

そのほかの串も、全部おいしかったです!
ブラットの串うまい
ブラットのチーズつくね(だったかな?)
串が全部すばらしくうまい!すごいぜブラット!これはちぎも。

いやあ、改めて写真見てるだけで、よだれが出てくる・・・。ホントどれもおいしかったです。

このBratto、パスタも絶品らしいんですが、それは次回のお楽しみに取っておきます。さよならBratto!
浦和の串焼きbratto(ブラット)

ということで二軒目に移動。スペインバルのクズザンポです!

●さいたま市・浦和・スペイン料理/スペインバル クズザンポ

スペインバルに移動した!クズザンポなう!

まずはマスターおすすめのシェリーをごくり。
シェリーなう

このお店、なんだかすごくリーズナブルなんです!こちらのタパスの3種盛り合わせ、なんと525円!
タパスうまい

そのほかの料理もすごくリーズナブル!
浦和のクズザンポ

もちろん安いだけではなくて、おいしい!料理がおいしいとお酒も進みますよ。ワインごくごく。
ワインなう

生ハム!
生ハム

と、3人でワインを飲んでいると、@makipapaさんが浦和に着いたとの連絡が。ということでいそいそと三軒目へ。

これまた一度来てみたかった、和浦酒場です!

●埼玉・さいたま市浦和の飲食店グループ 「和浦」 - 和浦酒場 HOME

こちらは日本酒のおいしい居酒屋さんです。日本酒に合うおつまみがいろいろ!
和浦酒場にて

こちらはお店の看板娘、すぅさん。残念ながら顔出しNGですが。
和浦酒場で福岡の日本酒、うぐいすを抱きかかえるすーさん

@makipapaからお裾分けしていただいた親子丼も、卵がとろとろでおいしかった!(写真取り忘れた!汗)

やっぱ最後は日本酒だね〜!
みんなで日本酒で乾杯。 @makipapa も合流。

ということで、平日夜にも関わらず、3軒はしごして、終電ギリギリまでしっかり浦和ナイトを堪能しました!

浦和を歩いていて思ったんですが、浦和には、チェーン店ではなく、個人でやっているお店で、いい感じのお店が多いんですね。今回の3店も、味はもとより、お店の方のサービスもよく、そして価格もリーズナブル。

特にサービスはどのお店もすばらしかったです。お客さんに楽しんでいってもらいたいというのが、それぞれのお店なりのやり方で伝わってきました。本当に、気持ちよく、楽しく飲める、よいお店ばかりでした。

まだまだ浦和には行ってみたいお店があるので、またお邪魔しますよ!あ、Brattoのパスタも食べなきゃだし!

@kogureさん、@TanakaAppleさん、@makipapaさん、お誘いいただき、お付き合いいただいて、本当にありがとうございました!

また近々遊びに行きます!

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う。2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。2016年10月に脳腫瘍、悪性リンパ腫の2つのがんから卒業。同年、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ