2010年11月11日

来日中の英国NeuxpowerのMike & Andrewとお客様訪問や取材対応などいろいろ。

昨日の記事でも書いたように、現在、オーシャンブリッジの海外パートナーである英国Neuxpower Solutionsから、最高経営責任者のMike Powerと技術責任者のAndrew Molyneuxが来日しています。

昨日は終日社内でミーティング。明日金曜日に開催するイベント「NXPowerLite Day 2010」に向け、Mikeの基調講演のプレゼン内容の確認・修正をしたり、オーシャンブリッジ・Neuxpowerの両社から、それぞれお互いのビジネス状況を説明したり、それに基づいて今後のプロダクト戦略をディスカッションしたり。

ランチは近所の魚料理 吉成にて。


Mikeは海鮮丼↓、Andrewは刺身定食をオーダー。


おいしいお刺身に二人とも満足していましたよ。いやここのお刺身はホントにおいしいです。炙り締め鯖とかサイコーです。

ディナーは恵比寿の葡萄酒房allee


並木ママを始めとするスタッフの温かいサービスと、おいしいイタリアン&ワインで、楽しい時間を過ごせました。海外のパートナー企業が来日すると必ず一度は連れてくるお店なんですが、いつ来てもおいしく楽しいので、喜ばれるのです。

MikeもAndrewも満喫していましたよ。



(↑僕のRICOH GXRの小ささと写りの良さに感心しきりの二人)

今日の日中はお客様訪問。その合間のランチはかき揚げ丼。


Mikeもおいしいおいしいと食べていましたよ。箸の使い方がうまくなったと自画自賛しながら。(笑)


夕方からオフィスでインタビュー取材に対応(Hさん、ありがとうございました!)。

その後社内でミーティングをいくつか。

・・・という感じの2日間でした。

さて、明日はいよいよ、彼らの来日の最大の目的である「NXPowerLite Day 2010」です。
NXPowerLite Day 2010

今日のお客様訪問&取材の中でも、明日の講演内容をご説明しました。その際のみなさんの反応を見て確信したのが、Mikeからの基調講演はかなりおもしろい、ということ。

特に、欧米先進企業のストレージコスト削減事例や、ストレージ統合関連コストの削減事例、そしてバックアップ効率化事例などは、ストレージ戦略に頭を悩ませるみなさんにはかなり参考になるはずです。

また、重複排除(デデュープ)やデータ圧縮といったストレージ関連技術の限界や盲点も非常に興味深く、僕自身、「なるほど、そうだったのか!」と感心してしまいました。

全て、これまでストレージ関連分野でほとんど議論されてこなかった内容です。まさに盲点。

「データ容量爆発時代のストレージ戦略」というサブタイトルにふさわしい内容です。

お陰さまで定員の100名を大幅に超えるお申し込みをいただいています。

明日はがんばりますよ!

●データ容量爆発時代のストレージ戦略「NXPowerLite Day2010」開催概要・申込
(まだ若干数受け付けられますので、ご興味のある方は上記のページからお申し込み下さい)

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。4回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ