2011年02月18日

IT marketing/PR meetup 2011 Winter!がすごい盛り上がりでビックリした。 #tech_mktg2011

昨日開催された「IT marketing/PR meetup 2011 Winter!」に参加してきました。

IT/ネット業界のマーケティング/広報担当者の方や、メディアの方が集うイベントです。僕は今回が初参加。主催は、マーケティング・PRのコンサルティング会社ビーコミの加藤恭子さん(Twitterアカウントは @kyocorinオルタナティブブログはこちら)。会の開催概要はこちらのFacebookもしくはTweetviteをどうぞ。

僕は遅れての参加だったのですが、会場に着いてビックリ。すごい人ですごい盛り上がり。
大盛況 #tech_mktg2011

渋谷ロフトの2階にあるカフェ「一茶一坐」を貸し切りにしてのイベントだったのですが、会場内を歩き回るのも大変な盛況ぶり。上の写真でも会場の半分くらいしか写ってませんからね。

IT業界のマーケ・PR担当というのは結構絞り込まれたターゲットだと思うのですが、そのターゲットからこれだけの人が集まるとは、加藤さんのネットワークと集客力はすごいなあ、と本当に感心してしまいました。しかも社長、ブロガー、コンサルタントの方など有名人も多数いらっしゃっていましたからね。

僕自身も初めてお会いする方が多く、大変貴重なネットワーキングの場となりました。

ちなみに今回、僕はノベルティのノートを大量に持参。
遅くなったがノベルティ持って会社出た。 @kyocorin さん遅れてスミマセン。

・・・が、これが重く、渋谷のオフィスから渋谷のロフトに行くまで、タクシーに乗ってしまいました。徒歩10分足らずなのに(汗)。

ノートは参加者のみなさん全員に行き渡ればと思い、70冊ほど持参したのですが、全てお持ち帰りいただきました。終了間際にはお帰りになる方に僕が直接手渡しさせていただきましたが(笑)。実際このイベントには100名近くの参加申し込みがあったようで、70冊でも足りないほどでした。

またノートと合わせて、社内にあったカスタマワイズ村中さんの著書『見せるだけで売れてしまう「事例広告」の方法』も3冊ほど持参。IT業界のマーケティング担当と言えば、この本の読者層にピッタリですからね。ビンゴでこの本をゲットしたみなさんのお役に立てば幸いです。
カメラロール-331

ということで、いろいろと充実した楽しいイベントでした。参加者の所属業界や担当業務が近いイベントだったので、初めてお会いする方とも比較的話が合いやすかったようにも感じました。情報交換だけではなく、具体的なビジネスの話もいくつかできましたしね。

主催の加藤さん、素敵なイベントをありがとうございました&お疲れさまでした!

また次回も楽しみにしています!

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。4回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ