当面の企業活動について。

今日もオーシャンブリッジは、交通の関係等で出社できない一部のスタッフを除き、みんな元気で出社してくれています。
いつもより早く出社して、揺れの影響で散らかったオフィスの片付けなどをがんばってくれたスタッフもいました。
本日は、当面の各種対応について幹部ミーティングで決定し、それを全社ミーティングで通知しました。


出社・退社・自宅勤務の方針、客先外出の方針、営業商談対応の方針、緊急時の連絡手段の確認、オフィスの節電方針、社内サーバの運用方針、再度大型の地震が発生した際の退避の方針、その他当面の業務内容についての確認、など。
通常であれば3月は、年度末のために最も忙しくなる時期、つまり最も売上が上がる時期です。今期も、大型の商談がまだいくつも控えています。
首都圏でも、計画停電、それに伴う交通機関の大幅な規制、予測される大型の余震など、予断を許さない大変な状況ではありますが、お客様やパートナー様にご迷惑をお掛けしないこと、そしてオーシャンブリッジという会社を存続させることも、重要な使命だと考えております。
オフィスのエアコンと照明は原則使わない、家族の安全のためにも定時(17:30)退社を原則とする、当面はできるだけ外出を控えて社内でできる作業(来期計画策定等)に注力する、出社困難な場合はリモートコントロールツールも使って在宅作業をするなど、今の状況に働き方をアジャストしながら、企業活動を継続していきます。