2014年06月27日

若手スタッフが語る、オーシャンブリッジとはどんな会社なのか?

先日の集合写真の記事に関連して、改めてオーシャンブリッジの企業サイトの採用情報ページを見ていたら、こんなページを見つけました。

▼若手スタッフが語る!「What's オーシャンブリッジ?」

wakate_2.jpg

若手スタッフ座談会ということで、オーシャンブリッジの20代の社員に会社について自由に語ってもらいました。

ということのようです(本当に今まで知りませんでした。笑)。

このページから、若手のコメントをいくつか抜粋してみます。オーシャンブリッジがどんな会社なのか、何となく分かっていただけるかと思います。

実際に入社してみて、本当にやりたいようにやらせてもらえています。
面接の雰囲気もすごく良かったので、この会社に入ってこの人たちと仕事をすると思うとワクワクしたんです。 あと、宮崎さんや山下さんなど、長く働いている女性がいたこともプラスに感じました。
「これをやりたい」と思ったことを上司に話すと「やってみて!」と、何でも自由にやらせてもらえる。
自分のやる気次第で色々な業務を任せてもらえるので新しいことにチャレンジできるし、自分自身の成長もすごく実感できます。
日々上司が気にかけてくれていると感じます。フォローやフィードバックがしっかりあるので、安心して働ける環境ですね。
人に対して丁寧で、「あれ、やっとけ!」のような指示は絶対ない。上の人も下の人を「さん」付けで呼ぶなど、お互いをリスペクトしている感じがある会社です。
面接で高山さんと話して、仕事以外の話でも共感する部分があって。仕事をする上で業務内容も大事だけど、人間関係や上にいる人の人間性も大事だと思っていたので、高山さんの下で働きたいと思いました。

最後のコメントは、僕的には抜粋しないわけにはいきませんでした。泣かせますね。。。でも病気のため、あまり一緒に働けずごめんなさい。。。

ということで、自画自賛のような記事になってしまい恐縮ですが、、、実際の若手社員の生の声ということでご紹介させていただきました。

なお、採用枠は先日埋まってしまったようで、現在は募集はしていません。募集再開の際は企業サイトの採用情報ページに告知が出るかと思います。もし入社にご興味のある方がいらっしゃいましたら、そちらをご覧ください。

▼若手スタッフが語る!「What's オーシャンブリッジ?」

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ