2018年07月23日

日進月歩の医療の進歩を女子医大のスマート治療室に実感する

先週、東京女子医科大学病院に脳腫瘍の定期検査(MRI)と診察に行ってきました。

今、僕は女子医大には三ヶ月おきに通院しています。よって前回の診察は4月でした。

この日は夕方から検査で、そのあとに村垣先生の診察でした。

Untitled

MRI検査があるため、検査の3時間前には昼食を済ませ、病院へ。着いてから少し時間があったのですが、MRI検査前は飲み物も制限があるため(検査30分前までは水のみ飲んでもよいが、その後は何も飲めない)、喫茶店に行くこともできず、外来棟1階奥のソファースペースでしばし時間をつぶしました。

MRI検査の時間になって検査受付へ。今回の検査でも、いつものように、MRI機器の轟音の中でうとうとしてしまいました。

その後、脳神経センターの受付へ。なんとなくバタバタしている様子の中、比較的早く名前を呼ばれました。どうも村垣先生のご予定が急遽変わったようで、予約変更か何かの調整をされているようです。

診察室へ入ると、村垣先生はすでに次のご予定に向かう準備か、白衣を脱いでいました。そんな中、MRI画像を見ていただき、一年前の画像と特に変化がないことを確認。今回も問題なしです。

「術後7年が経過したんですね」「そうなんですよ、早いですね」というお話や、「最近、信州大学病院にスマート治療室(後述)が設置されたんですよね」「そうなんですよ。信州大学にも優秀な先生がいらっしゃって」というお話をひとしきりしたのち、先生は「もっといろいろお話したかったんですが」と言い残して足早に診察室を後にされました。

その後、僕は丸山隆志先生の診察室で先生にご挨拶してから、帰途につきました。もう会計窓口も閉まってしまっていたため、会計は次回3ヶ月後の診察の時にまとめて支払うことになります。

さて、村垣先生とお話しした「スマート治療室」の件。以前からよくメディアには取り上げられていますが、直近では信州大学に設置されたことがたくさんのメディアで取り上げられて注目されていました。

こちらはロイター配信の記事。

▼デンソーや日立などが手術の「見える化」実現、熟練医の技術共有 | ロイター

デンソーや日立製作所などは9日、手術の「見える化」を実現する「スマート治療室」の臨床試験を開始すると発表した。あらゆるモノがネットにつながるIoTを活用して多種多様な医療機器の情報が連携できる手術室を、日本医療研究開発機構(AMED)を中心に東京女子医科大学など5大学と11社が共同で開発した。
プロジェクトを統括する東京女子医大の村垣善浩教授は同日の会見で、今の手術では医療機器がほぼ単独で動いており「(医療機器それぞれの持つ)情報がほとんど捨てられている」と指摘。各医療機器のデータをつないで「単なるスペースだったオペ(手術)室それ自体を1つの医療機器にする」と説明した。

こちらはロボスタの記事。スマート治療室の写真がたくさん掲載されているので、下記のリンクより画像を見ていただくのが早そうです。

▼これが未来の先端医療「スマート治療室」だ!東京女子医大の「SCOT ハイパーモデル」手術室を報道陣に公開 | ロボスタ

案内されたSCOTスマート治療室は、手術台や電気メス、4Kモニタを含む手術ナビゲーションシステム、次世代の顕微鏡、MRI装置などが設置されていた。普段一般の人はもちろん、報道陣も滅多に踏み入れることのない場所だけに緊張感が漂い、MRI装置の周囲はカメラ器材のデータが消えてしまうような磁場が常時発生している範囲を知らせる「5ガウスライン」が敷かれていた。

また写真だけではなく、村垣先生が自ら登場し、遠隔地より、手術の最新状況を確認しながら、手術室の執刀医にアドバイスを送る場面のデモ動画も見られます。

戦略デスクから手術室へアドバイスや指示を行うことを想定したデモも公開された。下記の動画では、東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 教授 村垣善浩氏によるアドバイスの例(デモ)が見られる。

日々、患者さんの手術や診察などを大量に抱えながら、こうした先進的な研究を精力的に進める村垣先生のパワーには頭が下がります。全ては、一人でも多くの患者さんの命を救うことに繋がっています。何よりも、僕自身が、このスマート治療室の核をなす術中MRIに命を救われた一人です。

本当に医療は日進月歩であることを感じます。

改めて、医療の進歩に日々尽力されている先生たちに感謝申し上げます。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

(↑闘病記ブログランキングへのリンクです)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

〈ブログに書かれていないがん闘病のポイントと、時系列で読みやすく再構成された闘病記を、コンパクトな一冊に〉

プロフィール

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校→早稲田大学 政経学部→アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ→Web関連ベンチャー→(株)オーシャンブリッジ設立・代表取締役社長就任→現在、同社ファウンダー。横浜市綱島在住。趣味はおりがみ。2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)摘出手術を受けて成功、ただ視野の左下1/4を失う。2013年5月からは7ヶ月間入院して悪性リンパ腫・急性リンパ性白血病の抗がん剤治療を受ける。帯状疱疹後神経痛も発症。2016年10月に2つのがんから卒業(それぞれ5年、3年経過)。しかし2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、さい帯血移植治療を受け、いまも闘病中です。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※最近、メールやFacebook等で個別にご連絡やご相談をいただくことが以前よりも増えております。私の時間と体調の許す限りはご返事差し上げていますが、全てのご連絡にご返事できるとは限りませんことをご了承ください。

※また、病気や病院に関するご質問をいただく際には、事前に私の著書「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご質問いただけると助かります。最近いただく質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます

主なカテゴリー

過去の記事

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ