2018年03月16日

娘の8歳の誕生日で目標達成まであと12年にカウントダウン

先日、娘が誕生日を迎えました。8歳になりました。

そのお祝いで、週末を利用して小旅行に行ってきました。その際、ホテルのレストランのご好意により、2日連続でサプライズのバースデーケーキとハッピーバースデーの歌をプレゼントしていただきました。

1日目は娘に内緒で僕からケーキをお願いしてあったのですが、2日目は完全にホテル側のご好意でした。娘だけではなく僕も驚いてしまいました。もちろん娘はまさかの二晩連続のケーキに大喜び。

Birthday cake!

そして誕生日当日は、平日だったこともあり、地元の行きつけのワインバル、ガトネグロさんでお祝い。ここでも娘には内緒でデザートプレートを用意していただきました。ハッピーバースデーのBGMとともに花火付きのバースデープレートが登場し、娘は大喜び。

Dessert plate

今回のサプライズ3連発には娘も本当に喜んでくれました。

思い返してみると、去年の娘の誕生日は、前月に僕が急性骨髄性白血病で入院してしまい、先生から外泊許可をもらって帰ってきてお祝いしました。

▼外泊時の家族でのお出かけが一番のリハビリ|オーシャンブリッジ高山のブログ

▼娘が7歳の誕生日を迎え、僕の人生の目標達成まであと13年|オーシャンブリッジ高山のブログ

あの時のブログ記事を見ると、

今回、残念ながら、急性骨髄性白血病で入院生活に入ってしまいました。でも今回の闘病もこれまで同様に「治るという前提」だと信じています。必ず13年後に家族三人で笑って目標を達成するために、苦しい臍帯血移植治療をがんばり抜き、治療の成功を信じ、何としてでも生き延びます。

とありました。あの頃はさい帯血治療を前に、治療の苦痛や移植関連死の恐怖と、胸の内で必死で戦っていたことを思い出します。

一年経って、お陰さまでなんとか移植治療を乗り越え、家に帰ってきて、こうしてまた家族三人での平穏な生活を取り戻し、娘の誕生日をお祝いできたことには、本当に感慨深いものがあります。

そしてもっとさかのぼって、2011年、1回目のがんである脳腫瘍になったときのことが思い出されます。

▼退院のご報告。(脳腫瘍・グリオーマ)|オーシャンブリッジ高山のブログ

あのときも必死でした。「何がなんでも生き残って、19年後に娘の二十歳の誕生日をお祝いするんだ」、と必死でした。

あのとき1歳だった娘は、早いもので8歳になりました。僕の人生の目標が達成されるまで、あと12年となりました。また1年、カウントダウンです。目標設定当初は達成まであと19年だったのが、いつのまにかあと12年です。

あっという間の7年ですが、いろいろあった7年でもあります。悪性脳腫瘍(グリオーマ )急性リンパ性白血病(リンパ芽球性リンパ腫)そして急性骨髄性白血病

そしてその間に、自分で起業したオーシャンブリッジの代表取締役を退任してM&Aで株式を売却し、オーシャンブリッジの経営から身を引きました(でも新経営陣のご好意で、ありがたいことにファウンダーとして残らせていただいています)。

三回のがん闘病ももちろん大きなできごとでしたが、自分で設立した会社を手放すというのもいろいろな意味で難しい判断であり、難しい交渉でした。会社を起業すること以上に大変な仕事でした。

でも無事に契約締結に至り、オーシャンブリッジの今後のさらなる発展を託し、安心して見守ることができる立場となりました。

その翌月に急性骨髄性白血病が見つかったのは本当にショックでした。でもそこには人生における深い意味があると考えています。そのあたりは二冊目の本に書いていきたいと考えています。一冊目の「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」に書いた、「人生のシナリオ」や「がんになることの意味」からもう一歩踏み込んだ何かがあるように感じています。

日々はあっという間に過ぎ去っていきます。これまでの7年はあっという間でしたが、これからの12年もあっという間でしょう。

これまで、度重なる闘病で、娘と妻には寂しい思いばかりさせてきました。

だから、これからは、家族三人で楽しい思い出をたくさんたくさん作っていこうと思います。これまで寂しい思いをさせてしまった以上に、楽しい思い出をたくさん作っていきます。

娘がいつまでも家族を優先してくれるわけではないでしょう。これから進級し進学するにつれ、より一層、学校や部活や友だちとの時間が大切になっていくことでしょう。

だから、いまの一日一日の家族との時間を大切にしたいと思うのです。そのための時間を、度重なる病気を乗り越え、会社を手放すことによって、ようやく得たのですから。

娘は先日、「明日もパパとお風呂に入りたい」「今日はパパ一緒に寝たい」と言ってくれました。そんなことを言ってくれることがあと何回あるだろうか、と考えると、今日一日がかけがえのないものに思えます。

これから家族とともに、過去数年の寂しい思いや辛い経験を全て覆い尽くすような楽しい日々を、一日一日積み重ねていきたいと思います。

改めて、闘病に際し、応援してくださったみなさま、僕たち家族のことを気にかけてくださったみなさま、本当にありがとうございました。みなさまのお陰でこうして家族の元に戻れたことを改めて感謝しています。そしてこれからもよろしくお願いいたします。

Happy Birthday!

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

(↑闘病記ブログランキングへのリンクです)

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

〈ブログに書かれていないがん闘病のポイントと、時系列で読みやすく再構成された闘病記を、コンパクトな一冊に〉

プロフィール

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校→早稲田大学 政経学部→アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ→Web関連ベンチャー→(株)オーシャンブリッジ設立・代表取締役社長就任→現在、同社ファウンダー。横浜市綱島在住。趣味はおりがみ。2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)摘出手術を受けて成功、ただ視野の左下1/4を失う。2013年5月からは7ヶ月間入院して悪性リンパ腫・急性リンパ性白血病の抗がん剤治療を受ける。帯状疱疹後神経痛も発症。2016年10月に2つのがんから卒業(それぞれ5年、3年経過)。しかし2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、さい帯血移植治療を受け、いまも闘病中です。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※最近、メールやFacebook等で個別にご連絡やご相談をいただくことが以前よりも増えております。私の時間と体調の許す限りはご返事差し上げていますが、全てのご連絡にご返事できるとは限りませんことをご了承ください。

※また、病気や病院に関するご質問をいただく際には、事前に私の著書「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご質問いただけると助かります。最近いただく質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます

主なカテゴリー

過去の記事

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ