2007年08月14日

Ken's Bar+ペルセウス座流星群=贅沢な日。

昨日の夕方、仕事をそそくさと切り上げ、武道館に行って参りました。

平井堅の「Ken's Bar 2007」でございます。

昨年に続き二度目の参戦。今回もチケット確保に苦労したんですが、何とか2枚ゲット。

いやー、今回もすばらしかったです。

ステージに登場して開口一番、「夏が来れば 思い出す」とアカペラで歌い出した「夏の思い出」でスタート。

パーカッションの伴奏だけで歌う「style」では、あまりの歌のうまさに改めてビックリ。パーカッションだけで、よくあんなアップテンポでメロディも難しい歌が歌えますね・・・。

ピアノの伴奏で歌う「瞳を閉じて」は、いつ聞いても感動します。

平井堅本人が「友だちにこの歌が好きと言われることが多い」と言っていた「LIFE is...」は、僕も彼の歌の中で一番好きな歌。PVもいいですよね。

Ken's Bar恒例のカバー曲特集の中では、今回は松山千春の「恋」とLeon Russellの「A Song for You」が良かったです。いつも思いがけない歌をカバーしてくれますね。大塚愛の曲もカバーしてました。

あと、新曲「fake star」のPVも初披露。ここ最近ご無沙汰だったR&Bな感じの曲で、PVもエロさ全開(全壊?)。

ここのところ、優しいポップス路線(「POP STAR」とか「バイマイメロディー」とか)やバラード路線(「瞳をとじて」とか)ばかりだったので、「平井堅は事務所の方針でR&B路線にトライした『楽園』で売れたけど、本人としては、ホントはポップだったり優しかったりする歌の方が好きなんだろうなあ」とか思ってたんですが、今回の新曲はまた久々の激しい感じですね。

昨日のMCの中で、「プロとして他の人にできない自分ならではの価値を見付けて地道に努力していきたい。常にファンを飽きさせないような歌手でいたい」、というようなことを言っていたんですが、まさにそういう意識から生まれた新曲ということでしょうか。

それにしても、彼はMCが非常におもしろいし(特に客とのやり取り)、また自分で茶化しながらまじめなことを言うし、そんな中で人柄のまじめさ、真摯さが伝わってくるし(前述のコメントのように)、歌だけでなくすばらしいアーティストですね。

ちなみに、僕の隣に座っていたのは、白髪交じりのおじさん(50歳前後?)。奥さんに連れてこられた風だったんですが、そんなおじさんも、手拍子したり、MCに声を出して笑ったりで、楽しんでいた様子。隣に座っていて微妙に幸せな気分になりました。

ということで、また次回も絶対行きたい!と思うすばらしいライブでした。

さてその後、行きつけの居酒屋で食事をして帰宅。

そろそろ寝ようかなあ、と思っていた夜中、突然ペルセウス座流星群のことを思い出し、ベランダに出る。

椅子に座り、ベランダの手すりに頭をもたせかけて空を見上げること数十分。

見えましたよ、流れ星。

まずはカシオペア座と北極星の間を縦にすーっと流れたのが一つ。
その後、北極星の下の方を横にさっと流れたのが一つ。

とても願い事をする余裕はありませんでしたが・・・。

ということで、Ken's Barに流れ星と、夏の夜を彩る楽しい経験が二つもできて、なかなか幸せで贅沢な日でした。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (2)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

投稿者 ITおやじ : 2007年8月15日 14:51

一度も行ったことないですけど・・・感動しそうですね。
一度は行って見たいなぁー

投稿者 あっきー : 2008年5月24日 22:24

堅ちゃんの唄声は倒れそうです。つい、恋をしてしまいそうになります。エレジーになってしまいます。昨夜ガイシでとろけたばかりのとろとろあっきーです。今夜もいきたかったな〜

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ