2009年04月10日

クラウド時代の文書活用ポータル「ConceptBase Search Net-It」を発売しました。

ちょっと遅いご案内ですが、昨日、下記の発表をいたしました。

オーシャンブリッジから、ジャストシステムの検索エンジンを組み込んだ
クラウド時代の文書活用ポータルシリーズ
「ConceptBase Search Net-It」 を新発売
たった110万円、3日で本格的な文書活用ポータルを構築可能

先日キーエンスとの業務・資本提携が発表されたジャストシステムさんとの協業による新製品です。

昨年来、エンタープライズサーチ周りで、ジャストシステムさんとはいろいろと新しいソリューションを検討してきたのですが、まずはその第一弾の発表です。同社社長の浮川さんからも、下記のようなコメントをいただきました。

 ジャストシステムは、この度の「ConceptBase Search Net-It」の製品発売を歓迎いたします。
 企業内のあらゆる業務におけるビジネス文書の活用は、業務推進と意思決定に不可欠なものとなっています。企業情報検索システム「ConceptBase」は、1997年の発売以来、常に企業情報システムにおける検索ニーズとともに進化を続け、これまでに先進企業3,300社以上に導入され、企業のビジネス文書活用に貢献してきました。
 従来「Net-It Central」の連携製品を両社協力のもと販売しており、大変好評をいただいております。この度の「Net-It Central」最新モデルとの連携により、高い検索性能と多彩な機能を搭載した、強力なドキュメントポータルサイトを構築するソリューションとして、さらに多くのお客様へより一層高い付加価値を提供できるものと期待しております。

浮川さん、ありがとうございました!

さて今回の製品のポイントは、その導入しやすい価格設定。110万円で、文書を共有し検索できるポータルが、簡単に構築できます。

そして、その機能。クラウドコンピューティング時代の今、文書共有システム「Net-It Central」に実装されている高速・高機能なファイルビューワ「Brava!」の価値が、より一層注目されるようになってきました。従来の文書管理システムにはビューワを内蔵したものはなく、必ず文書フォーマットに合わせたアプリケーションの導入が必要とされてきました。しかし、ちょっと見るだけなのに、サーバからクライアントに元文書をダウンロードして閲覧することは、作業効率を下げ、情報漏洩などのセキュリティリスクを高めることにつながります。

そこで、サーバサイドで表示専用データを作成し、クライアント側は専用ビューワ「Brava!」で閲覧するというNet-It Centralの仕組みが、重要な役割を果たします。クライアント側での重いアプリケーションの起動を不要とし、また重いファイルのダウンロードも不要とすることで、高速・快適な使い勝手と、堅牢なセキュリティを同時に実現するのです。

この「ConceptBase Search Net-It」は、来週開催される「ナレッジマネジメントフォーラム2009」(日本経済新聞社主催)にも出展予定です。セミナーは満席となってしまっていますが、展示ブースも出展していますので、そちらでぜひご覧下さい。

私も終日、会場にいる予定です。ぜひ会場でお会いしましょう!

<掲載記事>

[インプレス Enterprise Watch] オーシャンブリッジ、文書をページ単位で検索できる文書活用ポータル

[日本経済新聞] オーシャンブリッジ、文書や図面データを手軽にポータル上で共有・検索できる製品を発売

[japan.internet.com] オーシャンブリッジから、ジャストシステムの検索エンジンを組み込んだクラウド時代の文書活用ポータルシリーズ「ConceptBase Search Net-It」を新発売

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う。2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。2016年10月に脳腫瘍、悪性リンパ腫の2つのがんから卒業。同年、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ