2010年06月24日

iPhone 4をゲットしたのでファーストインプレッション。

なんとか発売当日にiPhone 4を入手することができました!
@yoonogucさん、ありがとうございました!)

ということで、開封の儀。


箱を開けると・・・

どーん!


iPhone本体の下の中ぶたを開けるとこんな感じ。


イヤホンやケーブルやアダプタ類が格納されています。・・・が、それぞれもう売るほどあるので、このまま箱のふたを閉めて、棚の奥の方にしまってしまいました。(笑)

電源を入れて、ケーブルでPCに接続し、もともと使っていたiPhone 3GSからの復元(アプリや設定等)と、音楽データ等の同期など。

復元にはそれほど時間がかからなかったんですが、音楽データの同期は、始めてみたところ時間がかかりそうだったので、一旦中断。

で、使えるようになりました。


実はこの過程で、ちょっとした失敗が。

マイクロSIMカードを入れる際、iPhone 3GSと同じように上部にスロットがあるものだと思い込んで、全然関係ない穴にピンを差し込んでしまいました。しかもスロット取り外し用のピンが付属していることに気付かず、わざわざ先のとがった縫い針を借りてきて。

後で分かったんですが、この穴、ノイズ抑制用のセカンドマイクでした・・・。後でテストして、特にこのマイクにも異常がないことが確認できたのですが、危うく電源を入れる前に壊してしまうところでした・・・。(汗)

さて使用感。

やはりまずは液晶の美しさには目を見張るものがあります。さすがRetinaディスプレイ。特にフォントの描画が美しいです。あまりに高精細なため、従来のアプリのアイコンやボタン等が粗くぼやけて見えてしまいます。i文庫のフォントなどもそうですね。iPadの時もそうでしたが、各アプリのiPhone 4対応のアップデートが待たれます。

そして処理速度。CPUが高速化したため、あらゆる動作がサクサクです。操作していて気持ちがいい。でも逆に、アプリの処理待ちのストレスが激減した分、外出先では、ソフトバンク回線での通信速度にストレスを感じるケースが増えそうな感じです。(実際、電車で移動中に使っていてそう感じました)

ちなみに、この液晶の美しさと処理速度の向上を実感するには、Googleマップを使ってみるのがいいかも知れません。僕はiPadを初めて触ったときにも、Googleマップの動作の軽さと液晶の美しさに驚きましたが、iPhone 4でも同様です。iPhone 3Gや3GSとの違いを実感しやすいかと思います。

カメラもいい感じですね。LEDフラッシュやデジタルズームなどが搭載されました。HDビデオも撮影可能に。このあたりは実際にいろいろ撮影してみて、画像とともに追々このブログでもご紹介していきたいと思います。

なおカメラについては、今回、ビデオ通話のFaceTime機能のために、フロントカメラが追加されています。このフロントカメラが意外と便利。ビデオ通話だけでなく、鏡の代わりにも使えるのです。外出先での身だしなみチェックにどうぞ。(笑)

デザインは、3G/3GSの丸みを帯びた、かつ境目のない一体的なデザインから打って変わって、角張ったソリッドなデザイン。かっちりした印象です。これは好みが分かれそうですね。僕はどちらもそれぞれ好きですが、ただ、よりアップルらしいのは、3G/3GSのデザインのように思います。iPhone 4は、アップルというより、昔のソニーのデザインのように感じます。でもこのかっちりしたソリッドさも、それはそれでいいですよ。

大きさは3G/3GSよりも薄くなり、幅も細くなり、長さが少し伸びました。薄く細長くなったということも、ソリッドな印象を強めているように感じます。

ということで、さまざまな点でパワーアップ、ブラッシュアップされているiPhone 4。今のところ、期待以上のできばえです!

これからもまた折に触れて、このブログで各機能やアプリなどのレビューを書いていこうかと思いますよ。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。4回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ