「クラウドやスマートフォンが職場に普及していくと、このソフトは必需品となる可能性があります。」(ソフトバンクBB様、NXPowerLiteについて)

ソフトバンクBBと言えば、孫さんがソフトバンクを創業した当時からのIT流通ビジネスを継承する、グループの中核企業です。
そのソフトバンクBB様における、Officeファイル・デジカメ写真圧縮ソフトNXPowerLiteの導入事例インタビューを、本日発表しました。
https://www.nxpowerlite.jp/case_sbb.html


プレスリリースはこちら。
●オーシャンブリッジのOfficeファイル&JPEGファイル圧縮ソフトウェア「NXPowerLite」をソフトバンクBBが1,500ライセンス導入 〜ファイル圧縮でiPhone・iPadのビジネス活用をさらに効果的に〜
ソフトバンクBB様が、なぜ1,500台のPCに、NXPowerLiteを導入したのか。その主な理由は以下の2つ。

1. NXPowerLiteでデータ容量を削減することで、サーバ増設費用を大幅に削減できること。

2. iPhone・iPadにメールで送信する添付ファイルの容量を圧縮することで、ファイルのダウンロード時間が短くなり、また端末上での処理も効率的に行えるようになる。そのため、iPhone・iPadを一層ビジネスで活用できるようになること。

今回のインタビューでは、さすがにITベンチャーの勇であり、iPhone/iPadの日本市場展開も手がけるソフトバンクさんだけあって、非常に説得力のあるコメントやエピソードがたくさん聞けました。そのうちのいくつかを抜粋します。

サーバ、ストレージ自体の価格は下がってきています。サーバの仮想化技術も進化しています。しかし、年々増加するデータ容量に対応するためにサーバやストレージを『増やす』という方向性は変わりません。一方でNXPowerLiteはそもそものデータ容量を『減らす』アプローチです。根本の部分を解決することができます。(コマース&サービス統括 CP事業推進本部 東日本営業統括部 統括部長 菅野信義氏)

たとえばクラウドのバックアップサービスは今後一般的になってくると思いますが、おそらく基本スタンスは『ファイル容量に応じた従量課金』です。NXPowerLiteでデータ容量を削減しておくことで、無駄なお金を払うことを避けられます。(同 菅野氏)

これまでは、数十ページ分のパワーポイント資料がメールに添付されて送られてきた際、iPhoneで開くと時間がかかっていたため、外出先では開かず、次の日に会社のPCで開いていました。ところが、昨日の夜に送られてきた資料はNXPowerLiteで圧縮されていたため、 iPhoneでさっと見て、その場で指示を出すことができました。外出先でも資料を確認してその場で指示ができるため、仕事のスピードが上がりました。(同本部 MD第2統括部 統括部長 石川裕司氏)

私自身、初めてNXPowerLiteを使った時、3MB程度のパワーポイントファイルが数百KBまで圧縮された時には驚きました。(同 石川氏)

コマース&サービス統括では、iPhoneやiPadが営業現場で当たり前に使われるようになってきました。これらのモバイルツールで必要な作業は全部出来てしまうため、ノートPCを持ち歩く営業担当者はほとんどいなくなりました。
ただ、多くの人が困っていたことがあります。それが「重いファイルをメール添付すると、ダウンロードに非常に時間がかかり、効率が悪くなることがある」ということでした。
NXPowerLiteで圧縮されたファイルで検証してみたところ、この点はあっさりと改善できました。
このことが経営層にはインパクトを与えました。本人たち自身がiPhone、iPadを使っていてストレスを感じていたようです。(同本部 IT戦略室 室長 岩瀬直行氏)

オーシャンブリッジは、創業当初から(というか、創業前に僕がWeb系ベンチャーの一事業部として海外製ソフトウェアの事業を統括していたころから)、ソフトバンクBBさんとはお取引がありました。でも、今回のように大規模に製品を導入いただくまでには、いろいろと紆余曲折がありました。その辺の経緯はまた改めて。
今回大変お世話になった菅野さん、岩瀬さん、石川さん、小野口さん、ご協力いただきまして本当にありがとうございました!
●NXPowerLite 導入事例|ソフトバンクBB 様
●NXPowerLite 導入事例 一覧