2011年01月18日

人材採用の意思決定。

昨日今日と2日連続で、オーシャンブリッジに新メンバーが入社しました。

もともとの募集枠は1名だったんですが、採用活動を進める中で、特に優れた候補者が2名現れました。そして熟考の末、2名とも採用することにしました。

オーシャンブリッジは人材採用に関しては基本的に慎重です。募集枠以上に採用することはほとんどありません。それ以前に、そもそも必要な時にしか募集しません。新卒採用も基本的にやっていません。(それでも入社してくるK谷君のような猛者もいますが。笑)

反面、事業拡大の機会を逃してはなりません。事業を成長させていく上で人手が足りなくなってきた業務、部門については、必要な人員だけ増やしていきます。ただそれは、増員によりそれ以上の売上増、利益増が見込める場合に限ります。

という中で、今回、なぜ募集枠以上の採用を決めたのか。

今回入社してくれた2名は、二人ともIT業界での十分な経験を有する即戦力です。

そして二人とも、今のオーシャンブリッジにはない強み、得意技を持っています。それも、僕が日々の経営の中で、今後のオーシャンブリッジの成長にとって必要だと感じていた強みです。

それをみすみす逃すのはもったいない、採りたいなら二人とも採ればいいじゃん、というのが最初に考えたこと。こちらは感情。

そして、既存事業で手が足りない業務と、今年予定される新規事業の立ち上げ業務のそれぞれの業務量を計算すると、近い将来には二人増員しても足りなくなるはず、ということも考えました。こちらは理屈。

最初に感情で決めて、後付けで理屈を考える、という典型的な意思決定のパターンです。

ということを考えている時に、ある経営者の方から言われたのが、「いい人材がいたら採用するのが基本。そもそもいい人材になんか滅多に巡り会えないのだから。相思相愛ならなおさら。」ということ。

なるほど、と思いました。

「ぜひ一緒に働いてみたい!」「オーシャンブリッジの成長に力を貸して欲しい!」という人材には、そうは巡り会えません。それに加えて本人が「ぜひオーシャンブリッジで働いてみたい!」と思ってくれているのであれば、なおさらレアケースです。

だから、もしそんな人材に巡り会ったら、コストがどうとか業務量がどうとかいろいろ言わずに、まずは採用し、その上でその人材のパワーを120%発揮させる方法、それにより売上と利益を増大させ会社を成長させる方法を考える、というのが、経営者として正しい思考なのではと、今は考えています。

ということで、Aさん、I君、オーシャンブリッジへようこそ。期待しています。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。4回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や治療に関するご相談はお受けしておりません。

主なカテゴリー

過去の記事

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ