2014年02月09日

治療終了パーティ@Namak Cafeにて修了証書を授与された!

先日このブログに書きました通り、ついに20日間にわたる通院による放射線治療が終わりました。

そしてこれは、放射線治療だけではなく、2013年5月13日の入院から始まり9ヶ月近くに及んだ僕の悪性リンパ腫・白血病(B細胞性リンパ芽球性リンパ腫)の治療がひと通り終わったことを意味します。これからは再発を防ぐ維持療法(メンテナンス療法)として、抗がん剤の飲み薬の服用等に移行していきます(血球の回復具合を見ながら)。

さて、その治療が終了した2月7日(金)の夜、家族で近所のNamak Cafeに行ってお祝いをしました。娘によるとパーティです(笑)。

そのパーティの冒頭で、娘と家内から、治療の修了証書をプレゼントされました。

まさかこんな立派な修了証書をもらえるとは思わなかったので、純粋にビックリしました。それと同時に、ものすごくうれしかったです。この証書を家内から授与された時、やっと「本当に治療は終わったんだ、もう毎日病院に通わなくていいんだ」と治療が終わった実感が湧いてきました。

この修了証書の授与式の後は、Namak Cafeのシンさんのおいしい料理でお祝いをしました。

羊肉のカバーブ。

娘の大好物、キーマカレー(グリーンピース抜き)。(娘はグリーンピースが嫌いなわけではなく、好きなお肉だけで食べたいようです。好き嫌いのない娘の名誉のために、念のため。笑)

そしてスペシャル猪鍋(大根抜き)。シンさんは僕のために大根抜きのスペシャルバージョンを用意してくださいました。感謝。

その後、シンさんはうちの娘のために、お菓子やみかんなどのデザートを用意してくれていました。ありがたいことです。

なお、乾杯はアルコールゼロのオールフリーにて。これも何年か前に、僕ら夫婦からのリクエストにより置いてくれるようになったものです(笑)。アルコールの解禁は、来月の娘の誕生日まで我慢です。

Namak Cafeは、カレーやカバーブなどのアジア各国料理に自家製スモーク、そしてカクテルや焼酎などを、土壁に囲まれた異国情緒あふれる空間で、マスターのシンさんのセレクトによる各種音楽を聞きながら楽しめる、素敵なお店です。

綱島付近にいらっしゃる機会があれば、気軽に立ち寄ってみてくださいね。猫好きの方には、看板猫のとら丸ちゃんがお出迎えしてくれますよ(笑)。

Namak Cafe(ナマックカフェ)
電話 045-542-3330
神奈川県横浜市港北区綱島西 2-10-16
綱島駅 徒歩5分


大きな地図で見る

▼Namak Cafe ホームページ
▼ナマ風呂(ブログ)
▼Namak Cafe (namakcafe) on Twitter

最後に改めて、すばらしい家族に感謝。
おいしい料理を提供してくださり、いつも僕ら家族を気にかけてくださっているNamak Cafeのシンさんに感謝。
このブログを読んで僕を応援してくださっているみなさんに感謝。
そして、長期にわたり僕を治療に専念させてくれているオーシャンブリッジのみんなに感謝。

本当にみんなみんな、ありがとうございます。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。4回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (6)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

投稿者 ksma2005 : 2014年2月 9日 23:28

初めまして。少し前から拝読していました。
夫が11月末に悪性リンパ腫であることがわかり、先週から入院してR-CHOPの治療を受けている者です。
 治療の修了本当におめでとうございました。色々お辛いこともあったとブログの記事で伺っていますが、素敵な御家族に支えられて、無事治療を乗り越えられましたね。うちも家族一丸となって頑張ろうと思いを新たにしました。Namak Cafeぜひ一度お邪魔してみたいです。

投稿者 長田眞弓 : 2014年2月10日 13:10

始めてお便りします。女子医大で同室だった長田の母です。退院以来高山さんのプログは気になり読ませて頂いていました。昨年の入院から更新が無かったので気にしていたのですが大変なご病気だったのですね。
あの時より辛い治療を乗り越えての修了証はさぞ嬉しかったとでしょう。ゆっくり体力を戻しながらお嬢さんと、奥様とお過ごし下さい。
息子は2ヶ月ごとに女子医大に行っていますが仕事にも復帰出来順調に回復していると思います。突然失礼しました。高山さんの笑顔に会えて嬉しかったものでしたのでお便りしてしまいました。

投稿者 オーシャンブリッジ高山 : 2014年2月10日 20:00

ksma2005さん、コメントありがとうございます。
ご主人が化学療法中なんですね。
治療が終わるまで、肉体的にはもちろん、精神的にも大変なことがあろうかと思います。
ぜひ支えになってあげてくださいね。
僕は治療を通して、本当に家内と娘には助けられました。今でも、二人には精神的にも支えてもらっています。
家族のありがたみを改めて実感しています。

投稿者 オーシャンブリッジ高山 : 2014年2月10日 20:23

長田さん!
大変ご無沙汰しております。まさか長田さんがブログを見てくださっているとは思いませんでした!

そういうわけで、私は女子医大の定期診察はお休みしていましたので、お会いする機会もありませんでしたね。そろそろ再開できそうですので、また外来病棟でお会いできるかもしれませんね!

息子さんもその後どうされたかと思っていましたが、お仕事に復帰されているんですね!安心いたしました。ぜひよろしくお伝えください。

それにしてもビックリしました!そしてご連絡くださったこと、嬉しかったです!またお会いしましょう!

投稿者 南姫 : 2014年2月10日 22:47

この記事を拝見して、やっと少しほっとしました。
あとブログは、意外な方が読んでて驚くことがある…
と私も思うし、ブログやってる友人もそう言ってます。
ましてや高山さんは名前も顔もプロフィールも全て公表してますから、とても多いでしょうね。

投稿者 オーシャンブリッジ高山 : 2014年2月11日 14:27

南姫さん、そうですね、特に以前は女子医大に診察を受けに行くと、必ずブログ読者さんから声をかけられました。顔を見て僕だと分かって声をかけてくださるようです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や治療に関するご相談はメールでもSNSでも一切お受けしておりません。仮に質問などをお送りいただいてもご返事できかねます。私もあくまで一患者であり医療関係者ではありませんのでその点ご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ