2014年05月13日

抗がん剤で減少した白血球や赤血球はどう増やす?/病院間連携:白血病・悪性リンパ腫闘病記(18)

前回の闘病記からの続きです。

2013年5月26日(日)。入院14日目。抗がん剤治療開始から6日目。

この日の午後、前日の15時から始まった24時間かけて落とす抗がん剤(ドキソルビシン)が終わり、1コース目の抗がん剤の点滴はひと段落となりました。1コース目としては、5日後の抗がん剤(オンコビン)の注射とステロイド剤(デキサート)の点滴(4日間)を残すのみです。

朝から看護師さんにも「この点滴が終わればひと段落ですからね」と元気付けてもらっていました。自分としても、倦怠感や気持ちの悪さといった副作用が出始めている中、「ようやくひと段落か。。。」と安堵しました。

2013年5月27日(月)。入院15日目。抗がん剤治療開始から7日目。

この日から、白血球の数を増やす皮下注射(ノイトロジン)が始まりました。血液検査の結果、抗がん剤の影響で白血球数が減少してきたようです。白血球が十分に増えるまで、毎日、左右の上腕部に交互に注射します。

白血病・悪性リンパ腫の抗がん剤治療では、抗がん剤によりがん細胞とともに正常な血液細胞も攻撃を受け、数が減少します。白血球が減ると肺炎等の感染症にかかりやすくなりますし、血小板が減ると出血時に血が止まりにくくなり、いずれも命に関わります。そのため、抗がん剤治療中は、2日に1回の血液検査の結果を見つつ、ノイトロジンの注射(白血球の増加)や輸血(血小板、赤血球などの増加)を繰り返し行います。

敵味方の見境なく皆殺しにしてしまう強力な抗がん剤により死んでしまった正常な血液細胞は、外から調達する、あるいは薬で強制的に増やすのです。こう考えると、抗がん剤治療は、ちょっと恐ろしいというか、過激な治療とも思えます。でも別の見方をすれば、白血病や悪性リンパ腫といった血液のがんは、それだけのことをしなければ太刀打ちできないほど手強い病気だとも言えます。

またこの日は、脳のMRIも撮りました。

入院前は東京女子医科大学病院にて、2011年7月に受けた脳腫瘍摘出手術の経過観察のため、2ヶ月に1度、脳のMRI撮影をしていました。今回、半年以上の入院となるため、虎の門病院の先生と女子医大の先生に連携していただいて、虎の門病院で撮影したMRI画像を、虎の門病院の放射線科の先生が読影した上で、女子医大の先生にも送って見ていただくような体制をとっていただきました。両病院とも、患者本意で柔軟に対応していただき、本当にありがたかったです。

MRIと昼食の後、気持ち悪いからと寝てばかりいないで、たまには体を動かそうと、別の病棟の屋上にある遊歩場に歩いて行きました。この2〜3日前から食欲が減退してあまり食べられなくなっていたこともあり、体力の衰えを実感しました。これからはできるだけ意識して身体を動かさないと、と思いました。

そう考えていた日の夜、この入院期間中でいくつかあった「最も辛いこと」の一つが起こりました。


  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ