2018年11月30日

ボヘミアン・ラプソディとLGBT教育

先日、映画「ボヘミアン・ラプソディ」のことをこのブログに書きました。

▼映画「ボヘミアン・ラプソディ」で泣きそびれた(ネタバレ)|オーシャンブリッジ高山のブログ

エチオピア モカ シダモン G2、ベーコンエッグサンド

すると、これを読んだ学生時代の先輩(洋楽好き、ヨーロッパ駐在中)から、Facebookで下記のような質問をいただきました(一部修正して転載)。

家族で見ても大丈夫な内容でしたか?ウチの家族は結構Queen聞くんで行こうか迷ってます。特にフレディの半生の描写が大丈夫かなと。

僕は下記のようにお答えしました。

大丈夫だと思いますよ。うちの8歳の娘は大丈夫でした。ただ、男同士のキスの場面はちょっと驚いたみたいで、それは奥さんがフォローしてました。奥さんの仕事の関係で、LGBTの話も家でしたりしているので、「まさにその話で、男の人が好きな男の人もいるんだよ」って言ったら理解してました

僕の妻は臨床心理士として日々さまざまなクライアントさんの心理相談に乗っています。

そのため、機会があれば、娘にも分かる言葉で、LGBTについて話すことがあります。また新聞にもLGBTの文字が取り上げられることも多いため、娘の目にもこの4文字が留まっているようです。

そういった背景もあり、「世の中には男性が好きな男性もいる」ということは、妻から聞いて何となく理解していたようです。

ただそれでも、ボヘミアン・ラプソディの中でフレディが男性とキスをしたシーンには、娘も少し驚いたようです。それについては映画の直後に妻がフォローしていました。「フレディも男性が好きだったんだよ」と。

僕も昨日、娘に、「フレディは男の人のことも好きだったけど、変に思わなかった?」と聞いたら、

「うん。だってボクテもそうでしょ?」

と言っていました。

ボクテというのは、一つ前のNHKの朝ドラ、「半分、青い。」の登場人物で、ゲイのボクテくんのことです。娘が唯一見るテレビが朝ドラのため、家族でもよく朝ドラの内容の話をします。放映当時はよくボクテの話もしていました。

娘の話を聞いて、「ボヘミアン・ラプソディー」や「半分、青い。」などのように、さまざまなドラマや映画でLGBTが自然に描かれるのは、特に子どもにとっては、LGBTに対して偏見を持つことなく受け入れることにつながるのではないかと思いました。

なお娘には、「パパが好きなのは男の人じゃなくてママだけどね」と補足しておきました(秘密)。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

東京女子医大 脳神経外科 村垣教授と
虎の門病院 血液内科 谷口部長が推薦。
脳腫瘍、悪性リンパ腫・白血病を乗り越えた闘病記。
がん闘病と向き合うための心構え満載。

プロフィール

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校→早稲田大学 政経学部→アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ→Web関連ベンチャー→(株)オーシャンブリッジ設立・代表取締役社長就任→現在、同社ファウンダー。横浜市綱島在住。趣味はおりがみ。2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)摘出手術を受けて成功、ただ視野の左下1/4を失う。2013年5月からは7ヶ月間入院して悪性リンパ腫・急性リンパ性白血病の抗がん剤治療を受ける。帯状疱疹後神経痛も発症。2016年10月に2つのがんから卒業(それぞれ5年、3年経過)。しかし2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、さい帯血移植治療を受ける。現在は元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※最近、メールやFacebook等で個別にご連絡やご相談をいただくことが以前よりも増えております。私の時間と体調の許す限りはご返事差し上げていますが、全てのご連絡にご返事できるとは限りませんことをご了承ください。

※また、病気や病院に関するご質問をいただく際には、事前に私の著書「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご質問いただけると助かります。最近いただく質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます

主なカテゴリー

過去の記事

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ