2019年02月05日

MacBook 12インチのバッテリーを交換したらその異様な形状に驚いた話

いつも使っているMacBookのバッテリーが寿命を迎えたため、先日交換してきました。

MacBook 12インチのバッテリーを交換

僕が使っているのはMacBookの12インチ。

購入したのは2015年8月ですから、今から3年半ほど前です。バッテリーの寿命は一般に3年と言われているようですので、もう十分にがんばってくれました。

これまで家でも外出先(主にカフェカルディ)でも快適に使っていたんですが、何ヶ月か前から、「バッテリーの交換修理」のメッセージが表示されるようになりました。

そして徐々にバッテリーでの稼働時間が短くなり、1時間も使うとバッテリーが切れるという状態に。

さらに最近では、せっかく外出先に持ち出しても、スリープ中にバッテリーが切れてしまい、電源アダプターがないと電源も入らないという状態になってしまいました。完全にバッテリーが死んでしまったようです。

ということでバッテリーを交換する必要があったのですが、ちょっと調べてみたところ、アップルストアで交換するとなると、まずGenius Bar(サポート窓口)を予約して、データのバックアップを取って、MacBookを持ち込んで、1週間ほどで自宅に配送される、という流れが一般的なようです(場合によっては即日修理が可能なケースもあるようです)。

データのバックアップは、常にTime Machineで自動的に外付けHDDに取っているので問題はないのですが、MacBookが1週間も手元を離れるとなると、ちょっと困ってしまいます。

それで改めて修理業者さんを調べてみると、バックアップ不要、予約不要で、お店に持ち込むと即日バッテリーを交換してくれ、受け取ったらそのまま使える、という修理サービスを見つけました。しかも横浜と恵比寿に店舗があります。

早速電話で問い合わせてみると、MacBook 12インチの型番などを聞かれ、バッテリーの在庫を調べてくれました。すると残念ながら在庫はなく、2〜3週間後に入荷予定で、入荷したら連絡をくれるとのこと。

その後、予定通りに入荷の連絡があったため、お店に足を運びました。僕の家は横浜の綱島ですが、電車で行くと横浜店よりも恵比寿店の方が近かったため、そちらに行きました。

受付でMacBookを預けると、「1時間ほどでバッテリー交換作業は終わるので、その頃また来てください」とのこと。

近くでランチをしてからお店に戻ると、何やら不思議な形の黒い物体がカウンターの上にありました。

MacBook 12インチのバッテリーを交換

そう、これがMacBook 12インチに内蔵されているバッテリーです。なんとなく1枚の板のような形を想像していたため、6枚の板が接続されたこの予想外の形状に、驚いてしまいました。

裏返してみると、接着剤の跡がそこここに。

MacBook 12インチのバッテリーを交換

これで本体カバーに接着されていたようです。

「これを一つ一つ剥がして交換したんですね」と言ったら、「そうなんです。ご自身でバッテリー交換しようとして、途中で諦めて持ち込まれる方も結構いらっしゃいますよ」とのこと。これは確かに大変な作業です。

そして「このバッテリー、お持ち帰りになりますか?」と聞かれたのですが、家に持って帰っても困るので、処分していただきました。

そしてお会計。22,800円(税別)でした。

アップルストアで交換すると、19,800 円(税別)のようですので、金額的には高いです。でも、前述のように、事前の予約が不要な点、即日対応してくれて、届くまで1週間も待たされることがない点、また事前のバックアップやデータ消去などを気にせず、そのままの状態でバッテリーだけ交換してくれてすぐに使える点で、この金額差は十分に見合うと感じました。(もちろん作業中に何か事故があってデータが消えてしまうリスクはないとは言えませんが)

また、最初の電話での問い合わせから始まり、バッテリー入荷の連絡、お店での対応など、全てが非常に丁寧だったのも好印象でした。「PC修理業者」という言葉から想像する対応とは全然違う、きちんとした対応でした。(PC修理業者のみなさんすみません)

これで安心してカフェカルディにMacBookを持ち出すことができます。「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」に続く二冊目の執筆がなかなか進まない言い訳が、これで一つ消えてしまいました(笑)。

なお、今回お世話になった修理業者さんはこちらです。MacBookだけではなく、iPhoneの修理もやっているようですよ。大変お世話になりました!

▼【即日対応】MacBookAir MacBookPro バッテリー交換サービス最短15分! | iPhone修理の老舗・MacBookバッテリー交換・スマホ画面ガラス割れ修理・電池交換はSMART!

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

東京女子医大 脳神経外科 村垣教授と
虎の門病院 血液内科 谷口部長が推薦。
脳腫瘍、悪性リンパ腫・白血病を乗り越えた闘病記。
がん闘病と向き合うための心構え満載。

プロフィール

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校→早稲田大学 政経学部→アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ→Web関連ベンチャー→(株)オーシャンブリッジ設立・代表取締役社長就任→現在、同社ファウンダー。横浜市綱島在住。趣味はおりがみ。2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)摘出手術を受けて成功、ただ視野の左下1/4を失う。2013年5月からは7ヶ月間入院して悪性リンパ腫・急性リンパ性白血病の抗がん剤治療を受ける。帯状疱疹後神経痛も発症。2016年10月に2つのがんから卒業(それぞれ5年、3年経過)。しかし2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、さい帯血移植治療を受ける。現在は元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※最近、メールやFacebook等で個別にご連絡やご相談をいただくことが以前よりも増えております。私の時間と体調の許す限りはご返事差し上げていますが、全てのご連絡にご返事できるとは限りませんことをご了承ください。

※また、病気や病院に関するご質問をいただく際には、事前に私の著書「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご質問いただけると助かります。最近いただく質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます

主なカテゴリー

過去の記事

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ