2019年10月03日

「がんサポート」のインタビュー記事の後編が公開されました:「グリオーマ、悪性リンパ腫、骨髄性白血病と3度のがんを乗り越えられた理由・後編 」「がんになったからといって決して不幸なわけではない」

先月このブログで、「がんサポート」のインタビュー記事「グリオーマ、悪性リンパ腫、骨髄性白血病と3度のがんを乗り越えられた理由 娘の20歳の誕生日までは死ぬわけにはいかない・前編」を紹介しました。

このたび、このインタビューの後編が公開されました。

▼グリオーマ、悪性リンパ腫、骨髄性白血病と3度のがんを乗り越えられた理由 娘の20歳の誕生日までは死ぬわけにはいかない・後編 | がんサポート

無菌室のベッドの上で

※全文を読むには無料の会員登録が必要です

後編に書かれていること

前編は1回目のがんであるグリオーマ(脳腫瘍)の話がメインでした。

後編では、その次の悪性リンパ腫の話、その闘病中のオーシャンブリッジ社長退任の話、オーシャンブリッジの売却の話、そしてまさかの3回目のがん、急性骨髄性白血病さい帯血移植治療の話をお話ししています。

さい帯血移植治療の中で、死の淵でさまよったお話もしました。深夜に容態が急変し、血圧が60まで下がり、当直の先生をはじめ血液内科の先生たちが集まってきたときのことです。

「この患者さんはこのまま死んでしまう」

と医師があきらめかけたという話です。

3度のがん闘病で気づいたこと


そして最後に、3度のがんを経験してやっと見えてきたことについてもお話ししました。
そこでお話したトピックをいくつかピックアップします。

「がんを乗り越え、生きていかなければならない絶対的な理由を見つけることが大切」
「自分があと何年かで死んでしまうかも知れないとわかったときに、残された時間を何に使うべきなのかが鮮明になってくる。 自分の人生で何が本当に大切なのかが明確になり、それ以外のことは手放していく」
「これまで当たり前だと思っていた日常の1つ1つが、本当は当たり前ではなく、ありがたいことだと気づきます。そして、日常の当たり前の中に、本当の幸せが潜んでいることに思い至ります」
「3回もがんになって、いろいろなものを失ってしまいましたが、何が自分にとって大事なのか、何が幸せなのかを気づいた今が一番幸せ」
「現在闘病中の皆さんも、『がんになったからといって決して不幸なわけではない。がんを乗り越えた先には、これまでよりもっと幸せな人生が待っている』と信じて、希望を持ってがんを乗り越えてほしいと、心から思っています」

これらのトピックは、記事の2ページ目に書かれています。
2ページ目を閲覧するには無料の会員登録が必要です。

もし上記の中で興味を持っていただける話題があれば、会員登録して全文を読んでみていただけるとうれしいです。繰り返しますが会員登録は無料です。

今回のインタビューでは、自分が3回のがんで経験してきたこと、その中で悩み迷ったこと、そして気づいていったことなど、今の自分が、がん患者さんやそのご家族に伝えたいことを、長時間にわたって一通りお話しさせていただきました。

その意味では、自分としても「やりきった感」のあるインタビューでした。

僕の長い話をすばらしい記事にまとめてくださった高橋さん、ありがとうございました。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う。2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。2016年10月に脳腫瘍、悪性リンパ腫の2つのがんから卒業。同年、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ