キャンサーネットジャパンが運営するStart to Beにインタビュー動画が掲載されました

先日、認定NPO法人キャンサーネットジャパンが運営するStart to Beのサイトに、僕のインタビュー動画が掲載されました。


詳しくは上の画像からStart to Beのサイトをご覧ください。
動画と合わせて、インタビュー内容をテキスト起こししたものも掲載されています。

インタビューの内容

今回は、脳腫瘍悪性リンパ腫急性骨髄性白血病の3度のがん闘病経験の中でも、特に急性骨髄性白血病のさい帯血移植のことを中心にお話ししています。
また、闘病中にオーシャンブリッジの社長から退いたことや、オーシャンブリッジをM&Aで売却せざるを得なかったこと、そしてファウンダーに就任するまでの経緯などもお話ししています。

初めてのインタビュー動画

これまでもいろいろなメディアの取材を受けているんですが、インタビューが録画され、その動画が公開されるという経験は、初めてのことでした。
このインタビューでもいつものようにしゃべり過ぎまして、特に最初から切れずに30分以上お話しし続けたところ、カメラのバッテリーが発熱して、カメラがハングアップしてしまい、保冷剤でしばらく冷却するという事態になってしまいました。
結局、撮り直し、しゃべり直しとなりました。カメラマンさん、インタビューワーの古賀さん、お手数をおかけしました。。。(汗
でもお二人のお陰ですばらしい動画に仕上がっています。さすがの編集力に、出来上がった動画を見て、大変驚いたほどです。
ということで、ぜひStart to Beのインタビュー動画、見てみてくださいね。