2014年07月04日

脳腫瘍(グリオーマ)の手術からちょうど3年が経過

先ほど、白血病・悪性リンパ腫の方の闘病記を書いている時に気付いたのですが、今日、2014年7月4日で、脳腫瘍(グリオーマ グレード3)の摘出手術からちょうど3年が経過しました。

あっと言う間、と言いたいところですが、昨年の白血病・悪性リンパ腫の治療のための7ヶ月間の入院などを考えると、とてもそうは言えないというのが本当の気持ちです。

改めて手術当日のことを書いたブログ記事を読むと、ああ、そうだったよなあ、と我ながら感慨深いものがあります。

▼手術で脳腫瘍を摘出(経緯11)|オーシャンブリッジ高山のブログ

エレベーターを降りて、またしばらく歩き、自動ドアのあるところで家族と別れました。奥さんに抱っこされた娘と、自動ドアを挟んで「バイバイ」とお別れしました。
そして手術台に寝ました。手術台も思ったより狭く、横幅は本当に人間の幅の分しかありません。そして麻酔をかけられると、あっという間に意識がなくなってしまいました。
意識が戻ったときには、まだ手術室にいました。もちろん手術は終わっています。周りでは先生や看護師さんの声が聞こえていました。先生が「shivering(シバリング)してるな」と言っていたのが、麻酔から覚めて初めて聞いた言葉だったと思います。その時、僕の身体はなぜかガクガク震えていて、そのことを言った言葉です。
その後主治医のTM先生が来てくれて、手術の結果を説明してくれました。

先生は、「高山さん、腫瘍は95%取れましたからね。腫瘍の悪性度は、手術中のインスタントな(簡易的な)病理検査では、グレード3でした。見た範囲では、グレード4の細胞は見つかりませんでしたよ」と説明してくれました。

僕は「ああ、よかった。無事に手術は成功したんだ」と思いました。そして「グレードは3だったんだ」と安心しました。
説明してくれている先生の充実した表情と力強い口調からも、手術が会心の出来だったことが伝わってきて、それが本当に僕の力になりました。
先生と話しているうちに、ICUへの入室許可が出た奥さんが通されてきました。すでに先生から手術の結果は聞いていたようで、僕の顔を見るなり泣き出しました。「よかった、本当によかった」と。

その時、奥さんはベッドの左側に立っていました。僕の見えないエリアです。だから僕は奥さんに開口一番「左に立たれると見えないよ」と言ったようです(ここはあまりはっきり覚えていないのですが)。
奥さんが涙を流しながら「本当によくがんばったね」と言うので、僕は「いや、がんばったも何も、僕は麻酔かけられて寝てただけだから(笑)」と言いました。実際そのとおりでしたし、僕は手術の前から、「自分ががんばらなければならないのは、手術中ではなく、手術後だろう」と思っていました。
この術後のICUでの再会を通じて、僕の奥さんは、思ったよりも僕がしっかりしていて、会話もいつもと全く変わらずできたのに、驚いたようです。先生から「患者さんによっては術後しばらく意識がはっきりしないこともある」と聞いていたためのようです。予想以上にしっかりしている僕を見て、「よかったよかった」と涙を流していました。

3年間、再発がなく生きていられることに感謝。
その間、支えてくれた家族や社員、友人たちに感謝。

そして、これからも再発がなく生きていけることに期待。
脳腫瘍も、白血病・悪性リンパ腫も。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ