さい帯血移植から丸一年が経過/第二の誕生日をお祝い

先日の4月14日(土)に、さい帯血移植からちょうど一年が経過しました。
移植一年記念のケーキ


あの移植の日からもう一年か、と感慨深いです。
▼無事に臍帯血移植が終わりました(臍帯血移植 day-0)|オーシャンブリッジ高山のブログ
移植してからしばらくは免疫反応や合併症で本当にいろいろな症状が出て大変でしたが、なんとか乗り越えて、退院し、ここまで来ることができました。
虎の門病院の担当医の湯淺先生からは、「この病気は移植してから一年あるいは一年半以内での再発が多い」と言われていました。
まずは最初のマイルストーンの一年を越えたことになります。
そして次のマイルストーンほ、移植後一年半となる10月14日です。ここを乗り越えれば、かなり再発のリスクは減ります。
移植治療の現場では、移植日のことを「第二の誕生日」ということがあります。僕の場合、この第二の誕生日は、娘の誕生日とちょうど1ヶ月違いです。
また生着日については、ちょうど自分の誕生日と同じ5月6日です。ともによい巡り合わせです。
今回の第二の誕生日を、家族がケーキとプレゼントでお祝いしてくれました。
ケーキは冒頭写真のパティスリーヴェルプレさんのケーキ。いつもお世話になっています。
プレゼントはこちらのLAUNDRYのTシャツと半袖シャツのセット。
移植一年記念のプレゼント
このTシャツは娘とお揃いなのです。
移植一年記念のプレゼント。お揃いのLAUNDRYのTシャツ
次の半年、このシャツを着て、無理をせずに少しずつ体調や体力を回復していきます。
そして再発せずに、10月に来る移植後一年半のマイルストーンも無事に乗り越えます。