2019年06月04日

22年間のお付き合いに涙/竹中工務店様

先日、オーシャンブリッジから下記のようなプレスリリースが発表されました。

▼竹中工務店が膨大な図面や文書を電子化し、ナレッジ共有実現のために オーシャンブリッジの「Brava for FileServer」を採用 - オーシャンブリッジ・マガジン・オンライン

竹中工務店様でのオーシャンブリッジ製品採用のニュースです。導入事例インタビューはこちらです。

▼膨大な図面や文書を電子化し、ナレッジの共有をBrava for FileServerで実現。理想のワークスタイルを追求し続ける/株式会社竹中工務店様

竹中工務店様 導入事例 オーシャンブリッジ

竹中工務店様は、僕がウェブ系ベンチャー(デジタル・マジック・ラボ社/DML)で、オーシャンブリッジの前身となる事業を立ち上げていたころからのお客様です。

上記インタビュー記事にも、1997年に「Net-It Central」という文書共有システムを導入したことが触れられています。

このアメリカ製のソフトウェア「Net-It Central」をローカライズ(日本語化・翻訳)して日本企業に販売し、サポートする事業を、僕はDMLで立ち上げました。

その黎明期に、竹中工務店様はNet-It Centralを導入してくださいました。当時も今も、大企業が、実績の少ないベンチャーのソフトウェアを社内システムに導入するのは、勇気ある決断だと思います。何かトラブルがあると、業務運営に影響してしまいますから。

そして僕は2001年にオーシャンブリッジを設立し、DMLからMBO(経営陣による事業買収)によりNet-It Central事業を買収することになります。

オーシャンブリッジを設立してからも、竹中工務店様はこのシステムを使い続けてくださっています。それだけでなく、オーシャンブリッジが海外から新しいソフトウェアを見つけてくると、それらも導入して活用してくださっています。カナダ製のBravaやイギリス製のNXPowerLiteですね。

前述のように、竹中工務店様とは1997年からのお付き合いですから、もう22年になります。

変化のスピードの速いこのIT業界において、22年もの長きにわたってお付き合いいただいているというのは、改めて感慨深いものがあります。その間のネット周りの環境、例えばiPhoneやTwitter、Facebook、Googleなどの誕生や変遷を考えると、その長さが改めて実感されます。

先日、何気なくFacebookを眺めていたときに、この竹中工務店様の写真が目に留まりました。オーシャンブリッジの企業アカウントからの投稿でした。

この写真に写る竹中工務店のみなさんのお顔を拝見し、22年前に初めてお会いした日のことや、打ち合わせの後に飲みに行った日のことを思い出して、思わず涙ぐんでしまいました。

22年は長いです。子供が生まれて成人してしまうほどの年月ですから。

僕の人生にもいろいろなことがありました。結婚し、起業し、子供が生まれ、がんになり、治ったと思ったらまたがんになり、会社を手放し、またまたがんになり、そして現在。

事例インタビューの最後に、竹中工務店様から下記のようなコメントをいただいています。

オーシャンブリッジは創業時からの付き合いがあり、良いパートナー企業だと思っています。これまで、業務改革に役立つツールを、国内海外問わずいち早く紹介してくれました。新しいツールの導入が、当社のワークスタイル改革をサポートしてくれています。

ありがたいお言葉です。

自分が20年以上も前に立ち上げた事業が、こうして今でも、企業のビジネス活動の役に立っている。それは日本経済の発展に貢献しているということです。

実は竹中工務店様のように、オーシャンブリッジ創業前後の時期からから現在に至るまでお付き合いくださっている企業様はいくつもあります。

そうしたお客様に恵まれて、オーシャンブリッジが設立されました。

そして、さらに多くのお客様に支えられて、もうすぐ創立18年を迎えます。

これまでにお世話になった全てのお客様に、心から感謝いたします。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

東京女子医大 脳神経外科 村垣教授と
虎の門病院 血液内科 谷口部長が推薦。
脳腫瘍、悪性リンパ腫・白血病を乗り越えた闘病記。
がん闘病と向き合うための心構え満載。

プロフィール

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校→早稲田大学 政経学部→アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ→Web関連ベンチャー→(株)オーシャンブリッジ設立・代表取締役社長就任→現在、同社ファウンダー。横浜市綱島在住。趣味はおりがみ。2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)摘出手術を受けて成功、ただ視野の左下1/4を失う。2013年5月からは7ヶ月間入院して悪性リンパ腫・急性リンパ性白血病の抗がん剤治療を受ける。帯状疱疹後神経痛も発症。2016年10月に2つのがんから卒業(それぞれ5年、3年経過)。しかし2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、さい帯血移植治療を受ける。現在は元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※最近、メールやFacebook等で個別にご連絡やご相談をいただくことが以前よりも増えております。私の時間と体調の許す限りはご返事差し上げていますが、全てのご連絡にご返事できるとは限りませんことをご了承ください。

※また、病気や病院に関するご質問をいただく際には、事前に私の著書「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご質問いただけると助かります。最近いただく質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます

主なカテゴリー

過去の記事

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ