2019年08月01日

不思議な縁でバルセロナ対チェルシー戦へ

先日、埼玉スタジアムで開催されたバルセロナ対チェルシーを家族で観戦してきました。

バルセロナ対チェルシー

この試合の数日前に、友人で起業家でFCバルセロナの役員のDidacから連絡がありまして、チケットをプレゼントしてくれたのです。
8年前にメッシのサイン&メッセージ入りユニフォームをプレゼントしてくれたのがDidacです。

参考記事: ▼バルセロナのメッシから直筆サイン入りユニフォームが(経緯15)|オーシャンブリッジ高山のブログ

娘と2人で家を出て、スタジアムに行く途中に新宿のホテルでチケットを2枚受け取り、スタジアムに着いてからDidacの友人からさらに1枚受け取る、という段取り。

そのDidacの友人というのが、8年前にDidacとビジネスをしていたころ、彼から名前だけ聞いていた、スペイン人の人気ブロガー、Hector Garciaさんだったのです。

8年前、Didacが来日したときに、「日本在住のスペイン人で、スペイン語で日本のカルチャーをブログで発信して、スペインで大人気となっているブロガー」がいると聞いていたのですが、そのときは僕は急遽、脳腫瘍で入院してしまって会えず。

そのHectorさんと、8年の時を経てやっとお会いすることができました。しかもなぜか埼玉スタジアムで。

メッセンジャーでやり取りしながら、スタジアム外でHectorさんに会うことができました。ちょうどそこに、仕事を終えた僕の妻も合流。

チケットは、僕と娘がホテルで受け取った2枚と、Hectorさんが持っている2枚だったので、妻と娘が一緒に見て、僕はHectorさんと2人で観戦することにしました。

初めて会って話してみると、Hectorさんは僕といろいろな共通点があり、すぐに意気投合することになりました。

バルセロナ対チェルシー

彼はTwitterの日本市場参入にも関わったエンジニアであり、日本のカルチャーを欧米に紹介する書籍「A Geek in Japan」も出版され、アメリカのアマゾンで人気ランキングに入ったりしています。


また過去に命に関わる大病を患ったこともあり、死生観や人生観に僕と似通ったものがありました。
そんな彼と観戦したバルセロナ対チェルシー。

バルセロナ対チェルシー
(バルサのスターティングメンバー。加入したばかりのグリーズマンが左端にいます)

残念ながらバルセロナは負けてしまいましたが、Hectorさんとの出会いは、その敗戦を補って余りある喜びでした。

そして試合終了後、スタジアムからの帰りは、なんと同じく現地で試合を観戦していた友人のコグレさんが、浦和駅まで車で送ってくれました。スタジアムからの僕のFacebook投稿を見て、声をかけてくれたのです。

コグレさんは、人気ブログネタフルを書いているブロガーですね。プロブロガーとして、ブログだけで稼いで生活しているすごい人です。

奇しくも、帰りの車内は、日本ナンバーワンブロガーと、スペインナンバーワンブロガーとの邂逅の場となりました。

Didacを起点に不思議な縁でつながったバルセロナ対チェルシー戦でした。

コグレさん、帰りはお世話になりました!送っていただいて、家族一同、本当に助かりました!

A Geek in Japanとバルセロナ対チェルシー戦のパンフレット

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う。2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。2016年10月に脳腫瘍、悪性リンパ腫の2つのがんから卒業。同年、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ