2013年05月13日

再び、入院することになりました

突然ですが、本日からしばらく入院することになりました。

今回の入院は、前回、つまり2年前に入院・手術して治療した脳腫瘍(グリオーマ)とは全く関係ありません。つまり脳腫瘍の再発や転移ではありませんので、その点はご安心ください(特にグリオーマ患者のみなさま)。

ただ、入院期間については、前回(約2ヶ月)よりはかなり長くなりそうです。

私の入院期間中のオーシャンブリッジの経営は、取締役であり創業メンバーの一人でもある持木隆介(もちきりゅうすけ)が、社長代行として私の代わりを務め、引っ張っていきます。

オーシャンブリッジの5つの製品事業(Net-It事業、Brava事業、NXPowerLite事業、ISL Online事業、Zyncro事業)については、もう数年前より私以外の幹部メンバー(営業部の菅沼と川喜田、技術部の持木、経営管理部の山下)が統括し運営する体制になっており、寂しいことに私の出番はほとんどなくなっています(笑)。また彼らの元で、マネージャー陣、リーダー陣、そしてフレッシュなスタッフ陣もどんどん成長して活躍してくれています。私が不在でも、事業運営には全く支障はありません。

唯一、新規事業として、国際的な産官学連携で進めているメンタルヘルス関連プロジェクトについては、オーシャンブリッジでは私が中心となって推進してきました。ただ幸い、現在このプロジェクトはより具体的な作業が多くなるフェーズに入ってきています。オーシャンブリッジとしては特に技術面での作業が中心になってきていますので、私よりもエンジニアの二人(北、吉田)ががんばってくれるものと期待しています。さらにこのプロジェクトを共同で進めている東京大学 下山研究室でも、先日プロジェクト体制が強化され、一層プロジェクトの推進にドライブがかかってきています。こちらも私の不在は問題にならないものと思います。

今回、身体の異変に気づいたのは4月の初めでした。その直後にちょうど、月に一回の東京女子医科大学病院での定期診察(脳腫瘍のフォロー)があったため、診察の際に前林先生にその件を相談したところ、すぐに検査をしましょうということになり、その後一週間ほどにわたり、各種検査を受けました。

その後、別の病院での検査入院等を経て、先日、最終診断が出ました。その最終診断に基づき、女子医大の村垣先生、前林先生、そして幼なじみのT君(大学病院の放射線腫瘍医)と相談した結果、別の病院で治療を受けることを決めました。村垣先生からその病院の先生に私のことを紹介していただいた上で、先週の金曜日に、その先生の診察を受けてきました。その結果、今日からの入院が決まりました。

今回、村垣先生や前林先生、幼なじみのT君のスピーディで親身なサポートにより、治療実績の豊富な病院への入院が決まり、本当に感謝しています。病気が見つかっても、初診や検査、そして入院にたどり着くまでに、なかなか予約が取れないとか、ベッドが空いていないとかの理由でどんどん先延ばしになって、時間ばかりが過ぎていってしまうようなことを心配していたのですが、今回も非常にスピーディに物事が運びました。異変に気付いてから一ヶ月ちょっとでの入院、そして最終診断が出てから一週間未満での入院です。しかもその間に重要な検査をたくさんこなせています。本当に女子医大の村垣先生、前林先生先生、そしてT君には、今回も感謝してもし尽くせません。

個人的には、3月の厳しく忙しい決算期を乗り越え、急激な円安という逆風の中でもなんとかよい業績を残すことができ、それを元に今年度の経営計画をまとめ、それを4月の下旬に全社ミーティングで発表し、ようやくひと段落、というタイミングでした。久しぶりに家族三人でゆっくり南の島か温泉にでも行こうか、と奥さんと相談していたタイミングでした。その点ではちょっと残念です。

そして何よりも、長い期間、家を離れ、家族と離れて過ごすことに、大きな寂しさを感じます。特に三才一ヶ月の娘は、日々おしゃべりが上手になっています。ときには僕らがビックリするような、「あれ、ママみたい!」「パパに似てる!」「そんなこと、誰が言ったの?」というようなことを口走ったりします。あるいは「パパ、痛いのこれでよくなるからね」とおもちゃで僕を撫でてくれたり、「パパの病気が治ったら、三人でハンバーガー屋さん行こうね」と言ってくれたりもします。そんな娘の成長を、近くで一緒に暮らしながら実感することができないのが、本当に残念です。

でも、この機会に、しばらく一人でゆっくりさせてもらおうと思います。そして改めて、人生のこと、病気のこと、家族のこと、仕事のことなど、いろいろとゆっくり考えてみようと思います。

今回の病気そのもののことについては、グリオーマ(脳腫瘍)のときのように、 退院後など治療がひと段落したタイミングで、またこのブログに体験記(あるいは闘病記?)を書くかもしれません。また入院期間中のブログの更新は、入院生活がどのようなものになるのかもまだ全く分からないので、なんとも言えません。もし余裕があれば、当たり障りのない内容を書くかも知れません(笑)。

それでは、病院に行ってきます!

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (13)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

投稿者 ちゃーりー : 2013年5月13日 19:00

すごーく心配ですが、応援してます!!!
予定より早く退院できるように、南の島の温泉の計画をじっくりとたてておいてくださいね。
長期間の入院とのことで、奥様もファイトp(^_^)q

投稿者 オーシャンブリッジ高山 : 2013年5月13日 21:08

ちゃーりーさん、ありがとうございます!
退院して、南の島の温泉(一挙両得!笑)に家族で旅行するのを楽しみにしてがんばります!

投稿者 サフラン : 2013年5月14日 17:42

7月に私も女子医大に医療相談に行く予定です 変化のないことを願いMRIを受けます タカヤマさんの元気なブロク待っています お大事に

投稿者 オーシャンブリッジ高山 : 2013年5月15日 11:55

サフランさん、コメントありがとうございます!
7月のMRI、よい結果が出ることをお祈りしています!
お互いにがんばりましょうね!!!

投稿者 やまぎし : 2013年5月16日 07:37

6月の丸山先生検診にあたり、今度こそは高山さんにお会い出来る気がしておりました。ちょっと残念ではありますが、退院された後にお会い出来る日を楽しみにお待ちしております。
頑張って!行ってらっしゃい!!

投稿者 オーシャンブリッジ高山 : 2013年5月16日 09:26

やまぎしさん、またお会いしましょう!

投稿者 南姫 : 2013年5月19日 20:33

驚きました。
高山さん、いい報告を待っています。
それにしても、一度大きい病気をすると、再発はもちろん、他の病気にも罹るような気に…私はなりました。いや、でも、強力な医療体制で良かったです。お大事にしてください。

投稿者 オーシャンブリッジ高山 : 2013年5月20日 21:43

南姫さん、ありがとうございます。
今回も病気をやっつけてしまうつもりです。
いずれいい報告をさせていただきますね。

投稿者 ケンタmama : 2013年7月19日 15:21

突然ぶしつけなメールお許しください。当方愛知県名古屋市に住むものです。ブログを拝見して藁をもすがるおもいでご連絡しました。先日私の息子(23歳)が初めてのてんかんをおこし、検査の結果の脳腫瘍が発覚しました。大きさは3.3センチ。映像で見ると左眼球の後ろ脳のあたりです。
主人の父親が35歳の時に(50年前)脳腫瘍で他界しているだけに 非常に動揺しています。親としてはどんなことをしても必ず必ず治してやりたい、救ってやりたいとその道の名医を探しております。高山さんのブログを見つけた時に光が射した思いで 高山さん自身 病気療養中とのことでとても申し訳なく思いましたが、思い切って書き込みをさせていただきました。高山様のお身体が回復されていることを願いつつ
もし これを読んでいただきましたら お返事をいただきたく強く強くお願いいたします。

投稿者 茶花 : 2013年7月30日 00:20

高山さん、はじめまして。
茶花(SAKA)と申します。
その後、順調に治療なさっていることと思います。
私は2年前に夫をグリオブラストーマG4で亡くしました。
女子医大だったのですが、病院選びが間違っていなかったかと思い悩んだりもしていました。
高山さんのブログに出会い、先生方のお話も伺うことができて、
やはり間違ってはいなかったと、気持ちが楽になっていました。
治療中に大変申し訳ないと思ったのですが、
一つ前のケンタmamaさんのコメントを読んで、
ケンタmamaさんにお伝えしたいことがあったので、
この場をお借りしてしまいます。
どうかお許しください。

ケンタmamaさん、はじめまして。茶花と申します。
息子さんのこと、お気持ちお察しいたします。
少しでも情報をお伝えできればと思い、この場をお借りしました。
もうご存知かもしれませんが、東京に拠点がある「NPO法人脳腫瘍ネットワーク」という団体があります。
URLは http://www.jbta.org/ です。
HPがリニューアルされてまだ完全には動いていないようですが、ご相談のメールなどはできると思います。
私も当時何度か相談をして、アドバイスをいただいたことがありました。
もしご存じなければ一度ご相談されたらいかがでしょうか。
息子さんが良い治療をなさって、早く回復されることを心からお祈りしています。

高山さん、ありがとうございました。
また、ブログでお目にかかるときを楽しみにしています。

投稿者 そらパパ : 2013年9月17日 17:42

高山さんご無沙汰しております。
様子が分からないので女房といつも心配しています。
女房のほうは、検診でも異常なく左手足も随分良くなり家の近くなら
車で買い物にも行けるようになりました。
味覚も治ってきたので、いろいろとよく食べれるようになってきてます。
次の検診は12月の3日です。
一日も早く再会できる日を楽しみにしています。
広島からエールをおくります

     <高山さん がんばれ>

投稿者 そらパパ : 2013年9月18日 07:09

高山さんご無沙汰しております。
様子が分からないので女房といつも心配しています。
女房のほうは、検診でも異常なく左手足も随分良くなり家の近くなら
車で買い物にも行けるようになりました。
味覚も治ってきたので、いろいろとよく食べれるようになってきてます。
次の検診は12月の3日です。
一日も早く再会できる日を楽しみにしています。
広島からエールをおくります

     <高山さん がんばれ>

投稿者 オーシャンブリッジ高山 : 2014年5月20日 17:06

茶花さん、コメントありがとうございました。

私自身がコメントをいただいた頃に悪性リンパ腫で入院していたため、返信が遅くなり申し訳ありません。
コメント自体はいただいた少し後のタイミングでブログに公開されていたかと思います。

ケンタmamaさんに届いていればよいのですが・・・。

今後ともよろしくお願いいたします。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う。2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。2016年10月に脳腫瘍、悪性リンパ腫の2つのがんから卒業。同年、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ