2015年06月01日

6月1日施行の改正道路交通法での自転車の安全講習義務化に関する訂正記事

先日、下記の記事を書きました。

▼自転車の信号無視や歩道徐行違反は取り締まり対象に:2015/6/1に道路交通法改正|オーシャンブリッジ高山のブログ

しかし、この記事の引用元である下記の記事の内容が間違っているとのご指摘をいただきました。間違った記事を引用してしまい申し訳ありませんでした。

▼自転車の取り締まりが強化! 6月1日の道路交通法改正の注意点 | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

この記事の筆者の方が、ご自身のブログに下記の謝罪記事を掲載しています。

▼ブログ記事の内容に関するお詫びと訂正 - GS進学教室

ただこの謝罪記事は、僕の読解力が足りないためか、「青切符」「青切符的」がどうのこうのと言い訳が多いためか、何度か読んでみても、元の記事のどこが間違っていて、何が正しいのかがさっぱり分かりません。

さらには自分が間違っていたことに対する謝罪文なのに、記事の末尾が

警察庁の方からも、上記の2点については訂正して欲しいというご指摘をいただきました。ただし、それ以外の自転車の安全運転の啓蒙や保険の加入奨励等については、感謝のお言葉もいただきました。どの程度摘発が厳しくなるのかという点については、最終的にお答えをいただけませんでした…

と他責的になっているのにも何となく違和感を感じました。なぜかというと、「警察庁から指摘を受けた」→「でも感謝もされた」→「しかし質問に対しては回答がもらえなかった」と、最終的に警察庁を非難するような文章で終わっているからです。

それはさておき、この改正道路交通法の具体的かつ正確な内容に関しては、以下の2つの記事が分かりやすかったです。

▼自転車の安全講習を義務化 受講対象となる14の危険行為は?

自転車で信号無視や酒酔い運転などの「危険行為」を繰り返して検挙されると、安全講習を受講することが6月1日から義務化された。
改正道路交通法が施行されたことを受けて、自転車を運転する際の「危険行為」として、信号無視や酒酔い運転など14の行為が対象となる。このような行為で3年以内に2回以上検挙された場合、安全講習の受講を義務づけた。

▼自転車「危険行為」2回以上で講習義務化 改正道交法きょう施行 - cyclist

改正道交法では施行令で、信号無視▽一時不停止▽ブレーキ不良▽酒酔い運転―など14項目の危険行為を指定。スマートフォンを使用しながらの運転なども悪質であれば対象になる。
刑事罰の対象となる14歳以上の運転者が、こうした危険行為をして違反切符を切られたり、交通事故を起こすなどの行為を、3年以内に2回以上繰り返した場合、都道府県の公安委員会から講習の受講命令が下る。受講料は5700円。受講しなかったら5万円以下の罰金となる。

つまり、「自転車の危険行為が3年以内に2回以上繰り返されると、安全講習が義務付けられる」ということなんですね。これらの記事は非常に分かりやすいかと思います。

最後に改めて、間違った記事を引用して、間違った記事を書いてしまったことを、読者のみなさまにはお詫び申し上げます。訂正記事の投稿が遅くなったことも合わせてお詫びいたします。

今後、他の記事を引用する際には、その記事や媒体の信ぴょう性を考慮した上で記事を書きたいと思います。とは言っても限界がありますので、間違っていた場合はできるだけ早く訂正したいと考えています。

また、間違いをコメント欄でご指摘くださったredticketさん、ありがとうございました。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ