2016年07月12日

大学からのブログアクセス数のランキング

先日、下記のブログ記事でこのようなことを書きました。

東京大学 安田講堂

ブログのアクセス分析を見ると、確かに全国の国公立大学や医科系大学からのアクセスは多く、「医療関係者の方も見てくれているようだなあ」と思ってはいたのですが、こうやって実際に読んでくださっているドクターにお会いすると、実感が湧き、手応えを感じます。

▼若き研修医とのブログを通じた思いがけない出会い

これを機に、改めてブログのアクセス分析で、大学関係からのアクセスがどれくらいあるのかを調べてみました。

アクセス元のドメインを調べ、ドメインが「ac.jp」で終わる組織、つまり大学などの教育機関を抽出してみました。対象期間は直近30日間(2016年6月12日〜7月11日)、順番はアクセス数の多い順です。

-----
1位:京都大学
2位:東京大学
3位:北海道大学
4位:富山大学
5位:明海大学
6位:早稲田大学
7位:金沢大学
8位:慶応義塾大学
9位:帝京大学
10位:国際大学
11位:岡山大学
12位:福岡大学
13位:東北大学
14位:筑波大学
15位:島根大学
16位:金沢工業大学
17位:滋賀医科大学
18位:東邦大学
19位:信州大学
20位:獨協医科大学
21位:明治大学
22位:鳥取大学
23位:藤田保健衛生大学
24位:北里大学
25位:昭和大学
26位:横浜市立大学
27位:近畿大学
28位:大阪大学
29位:福島県立医科大学
30位:徳島大学
31位:くらしき作陽大学
32位:東京女子医科大学
33位:久留米大学
34位:大分大学
35位:秋田大学
36位:青森県立保健大学
37位:自治医科大学
38位:新潟大学
39位:静岡県立大学
40位:奈良県立医科大学
41位:稚内北里学園大学
42位:山梨大学
43位:岐阜大学
44位:北陸先端科学技術大学院大学
45位:杏林大学
46位:名古屋市立大学
47位:札幌医科大学
48位:東京医科大学
49位:愛知学院大学
50位:岩手医科大学
-----

50位までは以上です。51位以下には、九州大学、千葉大学、名古屋大学などの国立大学、慈恵医科大学、日本大学などの私立大学、そして防衛医科大学も見つかりました。

このランキングをざっと見たところ、やはり医学部がある国立大学が上位に目立つように思います。1位の京都大学、2位の東京大学、3位の北海道大学など。

ついで医学部を持つ私立大学、あるいは医科系私立大学でしょうか。8位の慶応義塾大学、9位の帝京大学など。

ただ6位の早稲田大学のように医学部を持たない大学からのアクセスもあります。僕の出身校だからでしょうか?5位の明海大学にも医学部はありません。歯学部はあるようです。個人的な読者さんがいらっしゃるのかもしれません。

意外だったのは、僕の主治医の先生方がいつもブログを見てくださっている東京女子医科大学のランキングが、32位とそれほど高くなかったこと。つまり、いつも見てくれている先生たちがいる女子医大よりもアクセスが多い大学が、30校以上もあるということですね。ちょっと驚きました。

こうして見ると、改めて全国のたくさんの方、特に大学関係や医療関係の方にこのブログを見ていただいているんだなあと感じます。

これからも多少でもみなさんのお役に立つ記事を書いていければと思っています。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。4回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や治療に関するご相談はお受けしておりません。

主なカテゴリー

過去の記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ