2018年11月01日

顔の白斑が早くも治ってきたので写真で比較検討

これまでこのブログで何回か、顔の白斑のことを書いてきました。

その白斑が治ってきていることに、最近気づきました。

こちらは本日の写真。赤い矢印の先が、まだ残っている白斑。

さい帯血移植後の白斑の改善

こちらは、以前このブログにも載せた今年6月時点での白斑。

造血幹細胞移植後のGVHDによる顔の皮膚の白斑

▼白斑:造血幹細胞移植のGVHDで顔の皮膚がまだらに白くなる|オーシャンブリッジ高山のブログ

光の具合で分かりにくいかと思うのですが、実際に自分で鏡で見ると、明らかに白く色が抜けた部分が小さくなっています。移植による地の肌の色の黒ずみが落ち着いてきて、白斑が目立たなくなってきたという要因もあるかもしれません。

この顔の白斑が治るかどうかについて、以前、虎の門病院の谷口先生にお聞きしたところ、

「治るよ。年単位の時間がかかるけどね。忘れたころに治るよ」

とのお答えでした。

▼先生の一言に希望を見出す/白斑は治るのか?|オーシャンブリッジ高山のブログ

「忘れたころ」というので、最近はあまり気にしないようにしていました。でもつい先日、顔を洗っているときに鏡をみたら、「あれ?治ってきてる?」と気がつきました。

妻や娘にも確認したところ、「確かに白いところは小さくなってきている」とのこと。思ったよりもかなり早く治ってきました。

一時は、白斑がどんどん広がって、最終的には顔全体に広がってしまうのではないかとも心配しました。というのも、マイケル・ジャクソンの肌の色がどんどん白くなっていったのは、この白斑が原因だったようなのです。(参考:▼マイケル・ジャクソンの外観 - Wikipedia

僕も最近は顔だけではなく、手の甲や足の甲、そしてすねやふくらはぎにも小さな白斑が出てきていました。そのため顔の白斑もどんどん広がっていってしまうのではと危惧していました。

さい帯血移植の影響は、白斑以外にも身体中のいろいろなところに出ています。血液型はB型からA型に変わりつつあります。

「血液型の次は、肌が白くなって白人に変わってしまうのでは・・・」
「欧米か!」

これが言いたかった!!

ちなみに、こちらは白斑とは関係ありません。コスプレです。

ハロウィーンパーティーでのオバQ

▼ハロウィーンで全身タイツを着て実写版オバQになってタイーホされた話|オーシャンブリッジ高山のブログ

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。4回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ